時に西暦2015・・・
もう2015年も一ヶ月たっておりますがー。
生きてます。
Zbrush触ったり、戦車作ったり、ガンダムブレイカーやったりしとります。

■デジタル先生さん
できたー
c0056498_254821.jpg


Zbrushで色も塗ってみました。
c0056498_283632.jpg


全身
c0056498_2114185.jpg


ダッハブル!
c0056498_293269.jpg


分割!
c0056498_213120.jpg


現在出力中という状態なので・・・量産までたどり着けそうにない。
Zbrushも大分慣れてきた!と思ったら遅すぎたー。
WFは展示になりそうです・・・。

ブーリアン分割を大分覚えたー!

■デジタル大統領
こちらも、大分修正をいれて完成!
c0056498_2161139.jpg


イスも事務椅子からそれらしいのに変更
c0056498_2233286.jpg



「今の私に出来る事は、これ位だ」
c0056498_2173981.jpg


バーン。
c0056498_2193122.jpg



1/35のフィギュアはいくつかスクラッチしてたので、いけると思ったんですが、
座るポーズってのが難しかったです。
伸ばしたり縮めたりが楽なのはいいけど、夜中に調整して朝起きると「なんやこれー!」となってハマる。

あと、3D独特というか、パースの有無で大分違う罠にハマってました。
(アナログでも写真に撮るとおかしかったり、フィギュアを下に置いて作ると同じ事が起こる気がしますがー)
前に実際に出力してみたところ、なんだか脚が長い・・・。
パース無しで作業してたから、遠近法がかかると手前の脚が長く見えたようで。

左がパースあり、右がパースなし。
c0056498_245590.jpg


今回はどっちで見ても、それなりに見えるようにしたつもりだけど・・・何が正解なんでしょ。
仁王像なんかも、見上げた時のパースを意識して縮尺変えてあるとか、何かで聞いたようなー。

■おまけ
レッドブルの缶。レンダリングしたらそれっぽくてうれしい。
c0056498_2321387.jpg


・・・寝よう。
[PR]
# by itotani | 2015-02-02 03:10 | タンホイザーゲート通信
いろいろと
もう、年の瀬・・・。

■熱
プラモ熱があがってプラモばっか作ってます。
半年くらいで作ったもの。

■1/72 マスターボックス MarkI
WW1の100周年の年に作っておこうと、作製。
一部のパーツが溶けていてポリパテ&お湯まるで再生しないといけないとか、ちょいちょい大変でしたが、基本的にパーツも少なく、楽しく組める。
飾っとくと、渋くてカッコイイ。1/72で手のひらサイズ。
c0056498_2351689.jpg

c0056498_23512326.jpg


■1/48 ホビーボス T34/85
近所の模型屋で安売り。
1/48の小スケールだけどフルインテリア、1500円くらいの脅威のキット

c0056498_23513572.jpg


初のフルインテリアに挑戦。
ネットで写真探して、油彩やピグメントを使って汚す。楽しい!
c0056498_23515195.jpg

c0056498_23521897.jpg


組み立て式の履帯。
なんだけど、
バリが多くて全く合わない・・・。一個一個調整しながら組み立て。
しかも、なんか短くて一周できないので誘導輪の位置を調整。
いろいろと大変だけど、完成するとそれなりの満足感が。
c0056498_235359.jpg

c0056498_23531477.jpg


タンクの留め金をプラ板で作り直したり。
c0056498_23544220.jpg


砲塔内部とか。
c0056498_2492472.jpg

c0056498_2356388.jpg

c0056498_253272.jpg


内装を作ってから、外装塗装へ。
砲塔にL字の溶接跡つけといた。
c0056498_23533979.jpg

c0056498_255179.jpg


ロシア戦車でやりたかった、カラーモジュレーション
カラーモジュレーションはおバカになる事がポイント、らしいので、黄色っぽくなるまでキツめに色を変えてみる。なんか、楽しい。
c0056498_23535669.jpg

c0056498_2354414.jpg

c0056498_23555568.jpg



白線は息を止めてラッカー筆塗り。スローガンのデカールはマークソフターでぴったりと。
なかなか、かっこいい。
c0056498_23541210.jpg


足回りは石膏とピグメントを使ってみる。車両のホコリとかサビも油絵の具で。
c0056498_23542448.jpg


結構いい感じになったー!
c0056498_23543378.jpg

c0056498_212162.jpg

c0056498_214188.jpg


■RE100 ナイチンゲール
でかいの作りたくなって作製。
置く場所がない。
メタル塗装や、モデルカステンのメカニカル関節カラーを試してみたり、サーモンピンクでシャアっぽい色にしてみたり。
途中で力つきて放置中。
c0056498_23552749.jpg


ちょっとだけ改造
c0056498_23545973.jpg
c0056498_2355183.jpg

c0056498_2355790.jpg


RE100、大胆なモナカ分割が魅力。
ZやZZの頃のガンプラっぽくてプラモ作ってます!って感じがいい。
c0056498_036356.jpg



■MENG T90
がっつりしたの作りたいんやー!と、作製。
あと、サクサク、を目標に。
たまたま遭遇した、上原直之さんの塗装講座で、集中してサクサク、みたいな話があったので、それの影響。
実作業20時間くらいでドーザー以外の組み立てまで到達・・・。

c0056498_23562621.jpg


履帯は1枚1枚を連結。
ジグが付属していて、サクサク組める。
ホビーボスはあんなに苦労したのに。
c0056498_23564413.jpg

c0056498_23565556.jpg

c0056498_23574836.jpg


と、思ったら、切り離す時にピンが緩んだり、取れたり。
接着必要なし、との指示だけど、接着する事に。
ピンの部分だけくっつくよう、流し込み接着剤を全部にチョンチョンと塗って接着。
慎重にやったら、ちゃんと稼働!
c0056498_2357496.jpg


ピンを飛ばしたりしてたら足りなくなったんで、伸ばしランナーで代用。多分、ちゃんといけてる。
c0056498_23572498.jpg


枚数はたるみが出るよう、取説の96枚+2枚で98枚に。
ちょっとダブつきすぎかな・・・上はスカートで見えないからいいか。
c0056498_235802.jpg


トーションバーが再現されてて、サスペンションが稼働。
c0056498_2303554.jpg


あと、転輪のゲートは処理せずに、全部下に。上もスカートで見えない!
滑り止めが凸モールドなので、下手に触らないほうがよさそうなのと、ここで気力が削がれて製作が止まる事があるので・・・
c0056498_2305396.jpg



赤外線照射機、1パーツでこの全面モールド。すげぇ。
c0056498_23582028.jpg


LEDユニット付き!
c0056498_23581286.jpg


と、光る前は透明みたいなんで、レンズに塗ったクリアーオレンジを剥がす。
c0056498_23595817.jpg


光が漏れる・・・ので、ランナーのタグで穴埋め
c0056498_23584090.jpg


アルティメットブラックで塗って、漏れ防止。これでも、パーツの薄いところがちょっと光る・・・
明るいところだと目立たない&あとの塗装で目立たなくなるだろう、とこのまま進める。
LEDをエポパテで埋めて、内側をちゃんと黒+銀で塗れば光漏れはないかも。
しまった。
c0056498_2359776.jpg


装甲の追加がちょっと面白い。
接着可能な軟質素材を貼付けていく。
ピタっと曲面に追従して気持ちいい。
c0056498_23592362.jpg

c0056498_23593775.jpg


半分づつ接着しようと、半分くっつけてめくったら割れた・・・追加装甲で全く見えなくなる箇所でセーフ。
c0056498_23594533.jpg


さらに、追加装甲を上に接着していく。形が変わっていくのが面白い。
c0056498_01206.jpg


ドーザー意外、全パーツ組み付け完了
c0056498_014624.jpg


ピカーー!
c0056498_015422.jpg


追加装甲がカオスな感じでいい。前に作った10式とは全然雰囲気違うな〜。
c0056498_02233.jpg


■1/35 トランペッターLAV
トラペコン!そんなのもあるのか!と作って間に合わなかったやつ。
c0056498_23554451.jpg


マスターボックスの兵隊さんを改造して、コールオブデューティーっぽく
c0056498_1195446.jpg

c0056498_120115.jpg


乗せたら、なんか間抜けなのでボツ。
c0056498_120278.jpg


普通っぽい顔に塗り直し&ポーズ変更。
ここでストップ中。
c0056498_1204780.jpg


■1/48 タミヤ シトロエン 11CV
ディーラーの相方が遊びに来た時に作製。
12時間くらいで完成。

c0056498_1225621.jpg


去年の35コンで同じ席になった方の作製の影響をモロに受けて作製ー。
タイヤはグレー!


■で
デジタルやるかー。
[PR]
# by itotani | 2014-12-24 01:39 | タンホイザーゲート通信
ろうがんず杯
石坂浩二氏主催の『ろうがんず杯』に行ってきました!

c0056498_19321372.jpg


作品数200点超で、なかなか見応えのあるイベント。
バラエティーにとんだ作品と年齢層で、楽しい&刺激を受ける。
海洋堂のセンムやプロモデラーの方も参加しておりました。

70代の現役モデラーの方もちらほらで、まだまだ模型の趣味は長く楽しめるな〜〜〜なんて思いました。


石坂浩二さんの模型のスタンスに共感。
あと、ろうがんずの眼鏡が欲しくなるイベントでした・・・
[PR]
# by itotani | 2014-10-05 19:42 | タンホイザーゲート通信
ヒンデンブルグ
デジタルは一旦休憩して、
静岡ホビーショーで発表のあった、石坂浩二氏が主催の「ろうがんず杯」の参加作品を作成ー。

『ろうがんず杯』
テーマは「プラモデルへの恩返し」
・プラモデルづくりの楽しさが伝わって来る作品
・新規購入しましょう
・スケールモデル

と、いう事で、何かな〜と考えて・・・
幼き日を思い出しながら、「なんか模型屋の奥に置いてあるような、『なにこれ?』ってのを作りたい!」
と言う事で

■『レベル 1/720 ヒンデンブルグ』
を購入!
c0056498_18211359.png


大きい!ドイツの科学力!第一次世界大戦100周年で飛行船!
(後で調べたら、ヒンデンブルグはWW1終わったあとに建造でしたが。)

恩返しなのか?はおいといて、組み立て。

■キット
キットを開けたら、ドイツにある飛行船博物館のチラシが入ってた。こういうの、なんか楽しい。
船体の大きさは500mlのペットボトルを1個半繋げたくらい。全長30cm。
c0056498_1758745.png


■作成
キットは簡単な作りで、モナカな船体を張り合わせたらほぼ終了。
ぐにぐにしないように、中にプラ棒で簡単な骨組みを入れときました。
c0056498_17404767.jpg


合わせ目が結構ズレたので、ポリパテで埋めて調整。
c0056498_17412323.jpg


■塗装
メタリック塗装は前に作ったアイアンマンの手順で
缶スプレーの黒を吹いて、2000番で磨いて、ウィノーブラックをエアブラシで吹いたのち
メタリックマスターで希釈したスーパーファインシルバーを薄塗り。
一気にやったので、写真が残っとりませんが。

船体下部は窓やらラインやらがあるので、マスキングして塗装。
c0056498_17583862.jpg


裏面は結構ディティールが多い感じ。
あと、噂の食器乾燥機買ったので、それで乾燥。これはいい。
c0056498_17504534.jpg


■ハイル!ンットラー
レベルはドイツのメーカーなんで、あるべき例のマークがありません。
c0056498_1823335.jpg


他のキットから流用〜などの製作記もあったんですが、よさげな物がなかったので、
マスキングでえいやっと。

c0056498_18114145.jpg


1mmのマスキングテープを作図みたいに組み合わせて作成。
マスキングテープを組み合わせていたら、偶然この形に。
結構奇麗にいけました。

■火災事故
プロペラを乾燥させていたら、食器乾燥機の底に落ちて熱でトロけてしまいました。
アミやスチロール板を張ったりと、食器乾燥機に改造が必要なのは、こういう事か!

プラ板とリベットのパーツで復旧。
形がちょっと違うけど。
茶色が自作。黒いのが生き残った一個。


c0056498_18311710.jpg



ヒンデンブルグは熱に弱い。

■完成ー
縦線のシャドウをいれたり、部分的に銀の色を変えたりして、完成。

c0056498_18345531.jpg

c0056498_1835963.jpg

c0056498_18352339.jpg


カッコイイ!



■ろうがんず杯
展示させていただきましたー。
c0056498_18431460.jpg



■余談
ヒンデンブルグのキット、良い感じなのですが、下部の窓の形と位置が結構デタラメ。
こりゃ、大変やー!とキットのままにしときました。
iphoneのアプリでヒンデンブルグなるものが出来ていて、じっくり観察できるので、修正する場合はそちらを参考。
c0056498_18482619.png
c0056498_18481128.png
c0056498_18475050.png

窓の位置だけなら、夜間バージョンのアプリが無料。

有料版は中にも入れる!
動画
・・・飛行船の中って、空洞かと思ったから衝撃を受ける。ドイツの科学力、すげぇー。
[PR]
# by itotani | 2014-10-05 19:06 | タンホイザーゲート通信
出力最大!
Zbrushとか立体出力を勉強中。

■二つ合わせてダッハブル
Zbrushもう一個は、「デンキ街の本屋さん」から、ダッハブル

先生さんを作成!

■顔
ファンドで作ったのを思い出しながら、丸の固まりからひねり出します。
メガネパーツを付けて調整しつつ、
塗りながら作るんやで〜!と、知り合った原型師の方から聞いたので、途中で瞳を書き込んで調整して、
できた!
c0056498_3214451.jpg


画像を透過させながら確認して作る。便利。
c0056498_322530.jpg


■胴体
今回はZスフィアというのを使って、骨組からつくってみる。
前回のシェルマーク大統領の反省をいかしつつ、要所要所でZメッシャーを使ったりして、軽く、軽くを意識しつつ。
c0056498_330180.jpg


こちらも、設定画を加工したものに合わせて確認。手は大統領の手を滑らかにして流用
c0056498_3301342.jpg


■服とか
この当たりから、締め切りが近づいてきたので、感覚を便りに、合ってるのか方法で進む。

胴体をマスキングして押し出し、そこから服を作成。
今回は版権提出用なので、分割なしでえいやーっと、ザクザクと。
c0056498_3293848.jpg


スカートや髪の毛も固まりをこねくりまわして作成。
急ごしらえでファンド盛った感じの、それっぽいだけの造形なので・・・あとでやり直しです。

■ポーズ
マスクングと回転で乗り切る。
c0056498_3354382.jpg


■できたー!
c0056498_3361387.png

c0056498_3362760.jpg


■出力
版権申請が近づいて来たので、DMMの石膏出力を頼みます。
さらに、エクスプレスサービスというのを試してみる。
約8cmで
造形2060円。
エクスプレス+1030円

■きたー!
エクスプレスは4〜6日という事で、
木曜の夜に依頼、土日祝日を挟むんで、結局一週間くらい後になるかとどうなるかと思ってましたが、
日曜日には届いておりました。早い!
エクスプレスだからなのか、土日も動いてくれるんですね。

メガネは無理!と思ったので出力はしないで真鍮線まげて間に合わせ。
c0056498_3485542.jpg


■で・・・
ここからが本番。

あとは版権の写真とるだけだー、

と、サフをシューっと吹いたところ・・・

ぎゃー!

ジーザス!!


それっぽかったのが、一気にポリパテ適当に盛ってサフ吹いた状態みたいに。
c0056498_3504876.jpg



石膏で原型やってる相方が表面処理は一週間はかかると言っておりましたが、
なるへそ納得。

出力してフィニッシュ、完了!間に合った!と思ってましたが、シコシコと400番のペーパーかけ。


夜中に泣きながら提出。
c0056498_3534196.jpg



石膏出力!
安いんで、版権写真用に・・・と思ったんですが、版権写真用としても、ちょっと厳しいかも、という感じでした。
出力状態だと、すごい!3Dプリントやで!って感じですが、サフを吹いて模型のフィールドに立たせると「駄目だこりゃ」といった感じ。作るものの種類や形状、サイズにもよると思いますけど。
表面処理して仕上げるのも、大変だな〜〜〜と思う。



アクリル出力は結構大丈夫だよ〜、と話を聞いたので、本番はアクリルで突撃。
(デモニカスーツにサフ吹くのはちょっと怖いのでやってません・・・)
[PR]
# by itotani | 2014-09-24 04:33 | タンホイザーゲート通信
Zbrushいろいろ
Zbrushをいじっております。

1/35のリアル路線と、かわいい系フィギュアの両方に挑戦中。
まずはリアル路線から。

■シェルマーク大統領

リアル路線。
テクニックらしい技は皆無で、ほぼ「Standard」「move」で押し切って作成。

ちくちくと作業。
画面上のZintensityの値を上下させて、タブレットの感度を調整する事を覚える。
感度低めでなでるように少しづつ盛りつけるとやりやすい!

c0056498_0331163.jpg
c0056498_0325672.jpg


楽しい、楽しい、と
各パーツを作り込んでおりましたが、後々、重くなってポーズ替えができなくなったので、こりゃ作業手順を考えないといけない、と後で気づく。


なんとかここまで。
芯なしでエポパテひねる感じの作業でした。
c0056498_0555012.jpg




c0056498_151095.jpg

顔がちょっと小さいか・・・とかの調整はタミヤ基準。



イス。ある程度形を作っては「TrimRect」で平面出し。
ポリパテやエポパテでだいたいの形つくって、平ヤスリで平らにしていく感じ。
感覚で作れるのがZbrush、いい感じ。(効率化のためにはテクがいると思いますがー)
c0056498_1123035.png



机。検索してきた画像を「Draw→Front_Back」で貼付けて、それを基準に
箱ポリゴンを「TrimRect」で切り出し。
プラ板の作業っぽい。

c0056498_1183066.jpg

c0056498_1144259.jpg



・・・まんま同じだと版権とか怖いので、ちょっとデザイン変えたほうがいいかな。

机とイスとシェルマーク、部品はそろった!


で、ポーズ変更。

Rigを試したのですが、重くて落ちる・・・ノートPCの限界が見えた・・・
軽くすると、ディティールが消えてしまう。
サブディビジョンいじったり、「軽い粗体を作ってポーズ決め→ディティール作り込み」を覚えないと辛いか。

で、
取説に書いてあった動かすところをマスキング→Transposeで回転。の方法でポーズつけ。

c0056498_1405438.jpg

アクションラインの操作の異次元っぷりに困惑しつつ・・・

c0056498_1422362.jpg

なんとかそれらしく。鉄砲も作った!


ここで、トレフェスに出すための監修用に、DMMの石工出力を依頼。
DecimationMasterでデータを軽くして、3Dprint ExporterでSTLに変更。
3Dprint Exporterは設定した高さがモデルの一番高いY軸の高さになって、XとZは勝手に設定してくれるみたい。




ダメ出しがいろいろきた!
石膏は2mm以下がNG。
c0056498_144261.jpg




と〜、
顔が似てないとか、服のシワとか、普通に造形力が試されるのはエポパテでもデジタルでも同じですね・・・と実感しつつ、監修用の石工出力終わったら一旦休憩。






c0056498_1564922.jpg

イスやらポーズやら、なんかいろいろ違う気がする!!!!!!!
[PR]
# by itotani | 2014-09-17 02:43 | タンホイザーゲート通信
3D出力してみた
デジタル造形をいろいろと試しております。

■出力
この前のデモニカスーツを出力してみました。

簡単そうなDMMで注文。
データをアップしたら、5分くらいでチェック完了の連絡が。早えぇ。
深夜の3時でしたが即チェック完了の返答がくるとは。
締め切り前に便利そう。

[サイズ] X:50mm × Y:30mm × Z:23mm
価格
:石膏 1,572円   
:アクリル 3,317円

思ってたより、安い!

アクリル出力で頼んで、1週間くらいで届きました。
c0056498_23331018.jpg

表面のざらつきはあるけど、細かい箇所まで、ちゃんと出力されとります。ちょっと感動。


もうひとつ、友人にたのんで、1/35サイズ、高さ5mmで出力してもらう実験。
業者に頼むとサイズ制限があるんですが、果たして限界は??という事でお願いしてみました。
c0056498_23453926.jpg

パイプが約1mm、パイプの付け根が0.5mm。
出力時はちゃんと出力されたみたいですが、郵送してもらったら折れてしまいました・・・だがしかし、複製前提の原型としてなら問題なく使えそう。
顔のディティールは大分つぶれているので、1/35のフィギュアの場合、ディティールは従来のエポパテでやったほうがいいかな〜。
あ、でも銃なら作れそう!



3D出力といえば、ライブレジン。すごいなぁ。
公式サイトみたら、オリジナルでなんか未来チックなの作っとる!
[PR]
# by itotani | 2014-09-17 00:19 | タンホイザーゲート通信
デジタルデビルストーリー
一年ぶりくらいの投稿ー。

なんとなく更新しなかったら、そのままズルズル更新しておりませんでしたが、生きてます。

WFやらキャラホビやらのイベント行ったり、戦車のプラモ作ったりしておりました。

■ツァスタバにしなさい
デジタル造形を触っている今日この頃。


トグサ好きのアナログ派として、俺はポリパテが好きなの!と、ポリパテと心中するつもりでしたが、
WFのデジタル造形の実演みながら、WFの相方と、こりゃデジタルの時代がくるな〜なんて話してて、触ってみる事に。

トグサもオート使う事あるし!


メタセコイアとかMAYAの体験版やら使ってみたんですが、しっくりこず、
えいやっとZbrushを買ってみました。
分厚い説明書2冊付きのDVD版。
お値段は・・・げふん。

■ちょっと罠
推奨環境が怪しいですが、MacBook Airで使っております。


Mac版、インストールの時にちょっとハマったんで、どこかで誰かのお役にたてれば、と情報共有。
インストールガイド等が基本的にWindows用なので、ちょっと困った。

○アクティベーションキーのコピペができない!
Web Activationの最後の認証のところで
Ctrl+vでコピペしてね、と出るけどMacでcommand+vでコピペしても「v」と表示されるだけ。

[システム環境設定]→[言語と地域]→[優先する言語]で英語に変更して再起動

command+vでコピペできるように。無事、アクティベート。

■いざ
使ってみる。
取説のチュートリアルやったあと、いろいろ触ってみる。





c0056498_2452681.jpg


なんかすげぇ!



チュートリアルから1時間くらい、
コレ!という目標を作らずにフィーリングだけでそれっぽいものならすぐ作れる気がします。

いける気がする!

■デモニカ
目標のデザインを作るには、いろいろテクニックを覚えていかにゃならん、って感じ。
幸い、インデックス付きの分厚い取説やら、ネットにいろんなチュートリアルとかあるんでそれ見ながら覚えていけそう。

何か元ネタありで習作を作って練習。



習作のデモニカスーツ
MAYA_LTでデータを作ってそれを加工。CGワールドに載ってたグリズリーパンダさん方式。
c0056498_315263.jpg

c0056498_2531950.jpg

c0056498_253022.jpg

c0056498_328779.jpg


参考
パイプの加工
→「zbrush gun」 で出てくる動画とか
ハードサーフェイス
→分かりやすい!
 http://doodleleaks.blogspot.jp/2013/05/zbrush-hardsurface.html

その他、分割したかったら、「zbrush 分割」で検索、詳細は取説のインデックスで調べて、という感じで進めていきました。

■使ってみよう!
WFに出してみようと申請。

c0056498_371246.jpg













ヴァルケンの最後に出てくるシェルマーク大統領。1/35で!


c0056498_3161788.jpg

このシーン

・・・ヴァルケン好きなんです。
[PR]
# by itotani | 2014-09-08 03:53 | タンホイザーゲート通信
ガンヘッド LED電飾2
引き続き、電飾ー。
全身に配線を這わせると断線が怖いので、各部に電池仕込んで
パーツ毎に完結するようにしてみました。

■脚のライト
c0056498_1132079.jpg


電池を入れて、プラ板で仕切って
c0056498_23253940.jpg


ポリパテで埋める
c0056498_2326341.jpg


カリカリと削って加工。フタもポリパテで少し加工。
ダボを削ったので、2mmの穴を開けてネオジム磁石を入れこみます。
c0056498_23273764.jpg


銅板とニクロム線で配線。LEDはNSSW157Tっていう高輝度のもの。
LEDはハメこむだけ、銅板は両面でくっつけるだけにして、断線したりしても↑の状態に戻して作りなおせるように。
c0056498_23295884.jpg


電池はLR41が大きくて入らなかったので、一回り小さいLR621。10個で500円くらい。
(ファミリーマートに売ってるLED付きライターを分解してもゲットできる!)
c0056498_23325358.jpg


フタを閉めると・・・光った!
c0056498_23375436.jpg


スイッチがないので、押し込むと光って、ちょっと浮かせると消える、ってな感じに。

■胴体

裏にうまいことLR41がはまります。これで、ほぼ無加工で入れられそう。
c0056498_2344038.jpg


胴体はスペースがあるんで、スイッチを仕込む。
スイッチを隠すためのコクピットハッチをネオジム磁石接続に変更して、取り外しが簡単にできるように。
c0056498_23451958.jpg


で、IS-1250っていう小型のスライドスイッチ
このあと、足を切り落として使ってます。
c0056498_2346105.jpg


これがうまいことはまる。ハッチをつけるときれいに隠れます。
c0056498_23465852.jpg


LEDを埋め込み。脚と同じNSSW157T。
一番大きいライトと真ん中のライトの間にはまるようにしてみました。
c0056498_2350159.jpg


銅板をダボに巻き付けて電極に。これは楽ちん。
c0056498_2352121.jpg


無事、光る
c0056498_23524717.jpg


ライトカバーから若干光が漏れるので、接着するか悩み中。
接着するとLEDが取り外せなくなるし・・・うーむ。

■ノーズセンサー
これも、単体で光るように。
c0056498_235559100.jpg


LR41がこれまた、うまいことはまりそう。
c0056498_23581693.jpg


若干、電池が取り付け側に干渉するので、うまい事はまるよう、四角い穴をあけておく。
c0056498_23592898.jpg


首の部分を貫通させるように穴あけ。
頭の部分も穴を開けておきます。
c0056498_23573920.jpg


1608のLEDを埋め込み。
1.6mm×0.8mmと小さく、どこにでも埋め込めるので楽しい。安いし。
c0056498_025353.jpg


プラ材のあまりと銅板で電極作成。
大分なれてきました。
c0056498_044528.jpg


配線
これも、スイッチなしなんで、電池外すか、間に紙はさんでスイッチに。、
エナメル線を長めにしておいてLEDが壊れたらエナメル線を引き出して再度LEDをハンダ付けできるように。ヘッドパーツを接着しなければいいんですが、ツギ目消したいので・・・
c0056498_014536.jpg


組み立てー
取り外ししやすいよう、接続ダボを少し削ってあります。
c0056498_06751.jpg



って、感じで無事電飾完了。

c0056498_08562.jpg

・・・いったん作業をやめて、トレフェスとワンフェスの準備をしよう。
[PR]
# by itotani | 2013-12-10 00:21
ガンヘッド LED電飾1
c0056498_0332941.jpg

できたー。

で、作業の様子を。

■右手
上腕にカバーがついているので、その下に電池を隠そうと画策。

まず、電池入れる穴をあけて、
カバーも取り外ししやすいよう、ネオジム磁石とサフの缶の切れ端に変更。
パチっとはまるように。
c0056498_0323955.jpg


プラバンで電池ケース作成
電池は10個100円とかで買える、安い&手に入れやすいLR41を使用。
c0056498_0331481.jpg


パーツの凹みを利用して配線。
スライドギミックは断線が怖いのでオミット。接着しときます。
c0056498_034884.jpg


ポリキャップの所は、ポリキャップの裏を通すように彫り込み。
削りすぎて貫通してしまったのであとでポリパテで埋めとります。
(エナメル線は細いんで、がんばって掘る必要もなかったみたい。
c0056498_0345660.jpg


パーツをあわせる。うまいこと、パチンとはまる。
で、手首と接続。
ライトと手首の間にキットでは省略されているコードがあるので、
それを、1mmのスプリングで再現。スプリングの中に配線通して腕と接続。
(この手首のコード、1/1の撮影モデルにはなく、1/8の撮影モデルで確認できる。撮影モデルでも電源確保のために作られたんじゃ?って気が。)
c0056498_0365228.jpg



電極は銅板で作成。
c0056498_0374136.jpg


LEDはダボを少し削って埋め込み。黄色いのがチップLED。
1608ってやつで。秋葉の秋月電子で20個200円。安い!
c0056498_0403266.jpg


電池入れて、無事点灯。ライトは穴をあけて、クリアーグリーンのランナーをはめてあります。
スイッチがないんで、電池抜くか間に紙挟むか・・・なのがちょっとかっこわるいけど。
c0056498_114093.jpg


可動にほとんど影響しないので、ぐりぐり動かせます。
「'55年と'88年のドジャースを知っていますか?」のシーンもできる。
c0056498_1155232.jpg


続くー
[PR]
# by itotani | 2013-12-09 01:23