ガンヘッド LED電飾1
c0056498_0332941.jpg

できたー。

で、作業の様子を。

■右手
上腕にカバーがついているので、その下に電池を隠そうと画策。

まず、電池入れる穴をあけて、
カバーも取り外ししやすいよう、ネオジム磁石とサフの缶の切れ端に変更。
パチっとはまるように。
c0056498_0323955.jpg


プラバンで電池ケース作成
電池は10個100円とかで買える、安い&手に入れやすいLR41を使用。
c0056498_0331481.jpg


パーツの凹みを利用して配線。
スライドギミックは断線が怖いのでオミット。接着しときます。
c0056498_034884.jpg


ポリキャップの所は、ポリキャップの裏を通すように彫り込み。
削りすぎて貫通してしまったのであとでポリパテで埋めとります。
(エナメル線は細いんで、がんばって掘る必要もなかったみたい。
c0056498_0345660.jpg


パーツをあわせる。うまいこと、パチンとはまる。
で、手首と接続。
ライトと手首の間にキットでは省略されているコードがあるので、
それを、1mmのスプリングで再現。スプリングの中に配線通して腕と接続。
(この手首のコード、1/1の撮影モデルにはなく、1/8の撮影モデルで確認できる。撮影モデルでも電源確保のために作られたんじゃ?って気が。)
c0056498_0365228.jpg



電極は銅板で作成。
c0056498_0374136.jpg


LEDはダボを少し削って埋め込み。黄色いのがチップLED。
1608ってやつで。秋葉の秋月電子で20個200円。安い!
c0056498_0403266.jpg


電池入れて、無事点灯。ライトは穴をあけて、クリアーグリーンのランナーをはめてあります。
スイッチがないんで、電池抜くか間に紙挟むか・・・なのがちょっとかっこわるいけど。
c0056498_114093.jpg


可動にほとんど影響しないので、ぐりぐり動かせます。
「'55年と'88年のドジャースを知っていますか?」のシーンもできる。
c0056498_1155232.jpg


続くー
[PR]
by itotani | 2013-12-09 01:23
<< ガンヘッド LED電飾2 チャージ! >>