3D出力してみた
デジタル造形をいろいろと試しております。

■出力
この前のデモニカスーツを出力してみました。

簡単そうなDMMで注文。
データをアップしたら、5分くらいでチェック完了の連絡が。早えぇ。
深夜の3時でしたが即チェック完了の返答がくるとは。
締め切り前に便利そう。

[サイズ] X:50mm × Y:30mm × Z:23mm
価格
:石膏 1,572円   
:アクリル 3,317円

思ってたより、安い!

アクリル出力で頼んで、1週間くらいで届きました。
c0056498_23331018.jpg

表面のざらつきはあるけど、細かい箇所まで、ちゃんと出力されとります。ちょっと感動。


もうひとつ、友人にたのんで、1/35サイズ、高さ5mmで出力してもらう実験。
業者に頼むとサイズ制限があるんですが、果たして限界は??という事でお願いしてみました。
c0056498_23453926.jpg

パイプが約1mm、パイプの付け根が0.5mm。
出力時はちゃんと出力されたみたいですが、郵送してもらったら折れてしまいました・・・だがしかし、複製前提の原型としてなら問題なく使えそう。
顔のディティールは大分つぶれているので、1/35のフィギュアの場合、ディティールは従来のエポパテでやったほうがいいかな〜。
あ、でも銃なら作れそう!



3D出力といえば、ライブレジン。すごいなぁ。
公式サイトみたら、オリジナルでなんか未来チックなの作っとる!
[PR]
by itotani | 2014-09-17 00:19 | タンホイザーゲート通信
<< Zbrushいろいろ デジタルデビルストーリー >>