Zbrushいろいろ
Zbrushをいじっております。

1/35のリアル路線と、かわいい系フィギュアの両方に挑戦中。
まずはリアル路線から。

■シェルマーク大統領

リアル路線。
テクニックらしい技は皆無で、ほぼ「Standard」「move」で押し切って作成。

ちくちくと作業。
画面上のZintensityの値を上下させて、タブレットの感度を調整する事を覚える。
感度低めでなでるように少しづつ盛りつけるとやりやすい!

c0056498_0331163.jpg
c0056498_0325672.jpg


楽しい、楽しい、と
各パーツを作り込んでおりましたが、後々、重くなってポーズ替えができなくなったので、こりゃ作業手順を考えないといけない、と後で気づく。


なんとかここまで。
芯なしでエポパテひねる感じの作業でした。
c0056498_0555012.jpg




c0056498_151095.jpg

顔がちょっと小さいか・・・とかの調整はタミヤ基準。



イス。ある程度形を作っては「TrimRect」で平面出し。
ポリパテやエポパテでだいたいの形つくって、平ヤスリで平らにしていく感じ。
感覚で作れるのがZbrush、いい感じ。(効率化のためにはテクがいると思いますがー)
c0056498_1123035.png



机。検索してきた画像を「Draw→Front_Back」で貼付けて、それを基準に
箱ポリゴンを「TrimRect」で切り出し。
プラ板の作業っぽい。

c0056498_1183066.jpg

c0056498_1144259.jpg



・・・まんま同じだと版権とか怖いので、ちょっとデザイン変えたほうがいいかな。

机とイスとシェルマーク、部品はそろった!


で、ポーズ変更。

Rigを試したのですが、重くて落ちる・・・ノートPCの限界が見えた・・・
軽くすると、ディティールが消えてしまう。
サブディビジョンいじったり、「軽い粗体を作ってポーズ決め→ディティール作り込み」を覚えないと辛いか。

で、
取説に書いてあった動かすところをマスキング→Transposeで回転。の方法でポーズつけ。

c0056498_1405438.jpg

アクションラインの操作の異次元っぷりに困惑しつつ・・・

c0056498_1422362.jpg

なんとかそれらしく。鉄砲も作った!


ここで、トレフェスに出すための監修用に、DMMの石工出力を依頼。
DecimationMasterでデータを軽くして、3Dprint ExporterでSTLに変更。
3Dprint Exporterは設定した高さがモデルの一番高いY軸の高さになって、XとZは勝手に設定してくれるみたい。




ダメ出しがいろいろきた!
石膏は2mm以下がNG。
c0056498_144261.jpg




と〜、
顔が似てないとか、服のシワとか、普通に造形力が試されるのはエポパテでもデジタルでも同じですね・・・と実感しつつ、監修用の石工出力終わったら一旦休憩。






c0056498_1564922.jpg

イスやらポーズやら、なんかいろいろ違う気がする!!!!!!!
[PR]
by itotani | 2014-09-17 02:43 | タンホイザーゲート通信
<< 出力最大! 3D出力してみた >>