AAR(アフターアクションレビュー)
と、いうわけで25日は東京ビックサイトでおこなわれたホビコン02東京に参加してきました。

西館を使った中規模のイベントでした。が、今回は色々と得るものがあったかな〜と思います。

■その1

「韮沢靖氏サイン会」

いや、得るものがあったな〜、ってなんともミーハーな話なんですが、大好きなクリーチャー作家の方のサイン会です。

姿形は恐ろしいのですが、どこかオチャメでズッコケていて人間味のあるクリーチャーが魅力。

「マン・クリサリス」(というフィギュア)のクリアーバージョンと氏の新しい画集を購入。「マン・クリサリス」は作品集で見た事あったのですが、実物みると、大きいな〜。

他にも作品が何点か展示してありました。う〜ん、存在感と迫力が写真とは全然違う。そして、これまたこんなに大きかったのか〜というのが第一印象。一緒に竹谷隆之氏の作品も展示。あ、「漁師の角度」の青木、のクローン黒木だ!(と、いうキャラクターがいるのです。)

で、サイン貰ってきました。雑誌等等で知っていましたが、実際に合えてなんだか感激。

c0056498_1193618.jpg



■その2

「写真撮影」

「ワンフェスログ」改め「MFLOG」のトイズプレスさんが会場に来ており、「MFLOG」用の写真撮影の受付を行っていました。

「MFLOG」の掲載の応募があって、ちょっと前に撮影用に作品送ったのですが、郵送の途中で部品が取れて壊れてしまっていたらしく、今回、会場で改めて写真の撮影して貰える事に。

トイズプレスの方、カメラマンの方、アシスタント(?)の方達と話ができました。
(撮影、ありがとうございます〜)

「恥を忍んで出しなさい」と言っていたトイズプレスの方(だ、代表取締役!!)の言葉にグッとくる。

ワンフェスに初めて出たときに感じた、見せる、という事について改めて考えるのでした。

頭にぱっと浮かんだのは「駄サイクル」の話。「ネムルバカ」です。

■で

なんだか、今回は「造る」事に対して元気のでるイベントだったかな〜なんて思います。
そんな感じ。以上です、編集長!
[PR]
by itotani | 2007-11-27 02:19 | タンホイザーゲート通信
<< おまけ ネムルバカ >>