<   2005年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧
華氏94.6


まだ6月だってのに、暑い




しかも、ものすごく




お昼の日差しは夏模様、部屋の温度は熱帯地方、そして・・・






扇風機が壊れたっ!




今でひーひー言っている状況なんで8月あたりはどうなるんでしょうか。




今年の夏は戦争だ! This summer, It's War!






ク〜ラ〜をつければいいんですが、鼻が弱いんでずーずーと鼻水がでてよろしくない。




扇風機がないと寂しい。



風呂上がりに扇風機の前で風を受けると気持ちいいんです。


[Yahooニュースより転載]
 京都府でも午前中からぐんぐん気温が上がり、今年一番の暑さとなった。舞鶴市では午後2時20分に今年最高の36・7度(舞鶴海洋気象台調べ)を記録し、6月の過去最高気温34・7度を57年ぶりに上回った。京都市でも今年最高の34・8度(京都地方気象台調べ)を記録した。
[PR]
by itotani | 2005-06-26 23:16 | その他
鋼の武装練金術師
↑え〜、ってなもんですが、


学校の実験で化学を扱う事に。



機械よりの理工学部なんで関係ないと思いきや、ビーカーと濾紙の世界を高校以来の体験です。



フィルムに金でメッキを行なうという作業。





細かい事は省きますがー、


メッキ!


まず、透明のビニールみたいなフィルムを金の含まれた溶液に浸けます。



その溶液ってのは、金ぴかの液体とかじゃなくて、オロナミンCみたいな色の黄色い液体です。光ってもいません。どうみてもオロナミンC。



浸ける事、20時間。



透明のフィルムがオロナミンC色に染まります。クリアーイエローのフィルムの出来上がり。

これのどこに金があるのか?薬品間違えたか?などなど疑問に思います。失敗か!(論文やら書物から調べてやっているだけなんで。)




んで、そのフィルムを亜硫酸ナトリウム溶液ってのに入れると






オロナミンC色のフィルムが黒くくすんで〜、と思ったら、じわじわと色が黒くなっていきます。






そして、黒いなー、と思っていたら、それは黒じゃなくて、金色でした。ビーカーのそこが反射して黒く見えていたみたいで、よく見ると回してるガラス棒が写ってるではありませんか!



錬金術!!!!!!!




・・・塩酸で手袋が溶けました。これは何の代価なのでしょうか?



ちなみに「鋼の〜」は知りません。TVで何回か観た事ありますが、鎧の男のキャラクターの声がかわいらしくて驚きです。「武装〜」は「バールのようなもの」という武装練金が気になります。大槻ケンヂのネタも入っていてニヤリ。
[PR]
by itotani | 2005-06-24 21:29 | その他
MY ○○○
就職した友達が


マイカ〜を購入。


MY CAR!!

MY Ball、MY Fair Lady、My Boom!




んで、

チェック項目!
□マイカー
□マイハウス
□マイワイフ
□マイジョブ

そして、そろった所で、

□マイライフ

にチェック!なーんて話をする。夜中の三時にレンタルビデオ店の前で。




え〜、チェック、一つもできない。


自転車でキコキコ帰りながらそんな事考える。




『ゾンビ』 について熱弁をふるっている場合じゃない!
[PR]
by itotani | 2005-06-22 00:17 | その他
三部作といえば!
え〜、映画です。

就活も終わって(楽しかった東京の日々!)、学校の研究発表も終わったので、レンタルビデオ屋さんにまた足を運ぶようになりました〜。

で、

「ゾンビ」です。

って書くと、え〜、と思われそうですが、

原題は
「DAWN OF THE DEAD」

この前、リメイクされたアレです。それの1978年のもの。

「ゾンビ」ってのは邦題で、原題は「DAWN OF THE DEAD」です。1978年当時から!
「ドーンオブザデッド」っていうと、なんかカッコイイ感じですが、邦題で「ゾンビ」ってつけられてしまったみたいです。(でも、海外パッケージにもZOMBIEって書いてあるのもある。はて?)


んで、その
「ゾンビ」ってのは ジョージ A ロメロって監督が作った三部作のうちの二つ目、

「ゾンビ3部作」のうちの2作目なわけです。

「NIGHT OF THE LIVING DEAD」 (1968)
「DAWN OF THE DEAD」 (1978)
「DAY OF THE DEAD」 (1985)

の三部作。〜OF THE DEADで統一されててなんかいい。

これが邦題になると
「ナイトオブザリビングデッド」
「ゾンビ」
「死霊のえじき」

なんだそりゃ!おどろおどろしい! ホラー映画の邦題ってのは作品の内容を誤解させてしまうんじゃないか、はたまたそれが狙いかもー。







んで、改めて1968年の
「ナイト オブ ザ リビングデッド」

を見る。




この白黒映画のゾンビには、ゾンビ映画の


1)なぜか分からないけどゾンビ登場
 →主人公達は情報が得られず、なぜそうなっているのか分からない。孤立した状態でラジオかなんかで情報が流れて、全国的に被害が広まっている事を知らされる。

2)ゾンビにやられるとゾンビになる。
 →一緒に戦っていた身内がゾンビなる。肉親とか子供になるとその葛藤は大きい。ゾンビ映画の見せ場。

3)鉄砲で撃てばなんとかなる。
 →鉄砲を使えば案外簡単に倒せる。それが実体のない幽霊の類いと違って恐い。頭を撃てば倒せる、というのもこの頃から。こっちはスプラッター部分での見せ場。このスプラッター要素が暴走したゾンビ映画はいやん。

4)ささやかな安全、しかしそれも時間の問題、終局にむかっていく
 →鉄砲で倒せたり、扉を閉めれば侵入を防げるので、安全を確保できる。が、篭城(ろうじょう)して安全を確保してても、それがずっと続く訳も無く、弾丸、食料は尽きるし、自給自足じゃなくて、これまで残っていたものを消費していくだけなので、それは崩壊し、そして終局へむかう。


っていうのがしっかり入っている。(というか、この「ナイト〜」が現代ゾンビ映画の原点といわれております。)

昔の映画なんで、中盤ちょ〜っと、だれるけど。



これに


ゾンビがいてもなんとかなる楽しい日常
 →町はゾンビで溢れかえるも、だれも居なくなったショッピングセンターで好きなもの取り放題、ゾンビの倒し方のノウハウもできて、扉を閉めるめとけば安全な生活空間を得られるし。ゾンビはいるけど、好きなもので部屋を飾ったり、好きなもの食べたり、そんな日々もまた楽し。

があると尚よろしい(これは2作目の「ゾンビ」こと「DAWN OF THE DEAD」で)。


ゾンビってスプラッターシーンより、上に書いた日常の崩壊、その非日常が日常となった日々、しかしそれはいずれ来る確実な崩壊の上に成り立っている日々、とかのほうに魅力を感じる。
この終末感は恐い。この終末感がゾンビ映画(ここではロメロ監督の三部作としておこう)の恐怖の核となっている部分だと思う。

(ボニーアンドクライドと通じるものがあると思うんだけど、ひじょーに分かりにくい&ボニーアンドクライド??ってなもんなので、このコメントはおまけ。)




あと、「ナイト〜」はDVDで観たんだけど、

メイキング付き!

で、このメイキング、ナレーションも編集も無し、手ぶれ満載のハンディカムの映像が一時間もだらだら続く。なんだこりゃ。一応、全部見たけど。





んで〜、

今月、24日にジョージAロメロ監督の最新作、「LAND OF THE DEAD」が全米公開されるそうです。

スターウォーズより、こっちの方が気になる。



おまけ:
28日後・・・ってのが最近みたゾンビ映画の中ではよかったですー。上に書いた1)〜4)+ショッピングシーン。
下品なスプラッターシーンもなくてよろしい!
[PR]
by itotani | 2005-06-21 21:56 | その他
つ〜らつら
なんか、いろいろと、つ〜らつら


■万博ロボット
同じ所で展示してた気になるロボット達

アスタリスク

六本足のクモ型ロボット。攻殻機動隊のタチコマ、フチコマを思い浮かべずにはいられない。
天井から糸を垂らして降りてきたり、天井を歩いたりする。


マンマシンシナジーエフェクタ

リンク先の絵じゃ分かりにくいけど、エイリアン2に出てきたパワーローダー。腕のみだけど。ほのぼのムードの万博内でスプーンや空き缶を潰していました。


水陸両用ヘビ型ロボット

ヘビ型は見た事あったけど、水中を動くのは初めて見る。
くねくね、水中で前進はもちろん、3次元に潜ったり、顔を水面に出したりできる。
一つ目のそれが救助にやってきたら、逃げる。
ウィザードリィのモートモンスターを思い出した人は少なからずいる、と思う!・・・思う!






■グミチョコ読んだよ。

大槻ケンヂの小説『グミ・チョコレート・パイン』の完結編、パイン編を読む。
グミ編、チョコレート編と出ていて、三冊目がパイン編。

この本、どこを探してもなかったんだけど、京都の図書館で発見。


グミ、チョコと文庫で出ていたんだけど、パイン編は11年経ってやっと出た。
これが売ってない。東京の日本最大っていう本屋にも無い。

アマゾンで頼めばいいんだけど、なんか味気ないな〜って思ってやめ。



完結しないんだろうな〜(アッ○ルシードやジェ○サイバーみたいに)って思っていたら完結編が出た。

んで、読む。


大槻ケンヂの小説は読みやすくていいです。のほほん、そして透明感があって好き。


11年、間があったので、本文の中で、読者に「多分あってると思うんですが、懸命なる読者の皆さん,これであってますか?」と聞いてくる。オーケンすげー。


大槻ケンヂの小説は好きだけど、CD一曲も聞いた事ありません。






そんなこんなで一週間。
[PR]
by itotani | 2005-06-18 01:01 | その他
万博レビュ〜
ってなわけで、帰って参りました。



万博、お手伝いをしてきました。

月曜日に行ったのですが、すごい人です。平日の朝なんで、空いているだろう、と思っていたのですが、

万博をなめてましたっ!

開演前の午前八時くらいなんですが・・・会場に行くまでのリニアモーターカーの乗り場でまず、並びます。


藤が丘駅にて〜

1)リニモ(リニアモーターカー)の券を買うのに並ぶ。 (事前にユリカ等のプリペイドカードを買っておくとよろしい!)

2)リニモに乗るのに並ぶ。 (今だと、駅に新庄の暑苦しい笑顔のポスターが貼ってあって朝からエネルギーを奪われます。注意!)

万博会場

平日の朝、開演前の九時ちょっと前


入場ゲートは人で溢れかえっていますっ!




んで〜


関係者入り口からIDを見せて入る。
こっちはがらがら。並ぶ人を横目にすたすたと入場。これは・・・ちょっとした快感であります。



で、お仕事

展示してあるマイクロハンドの解説をしました。

小指のツメほどのサイズのマイクロハンドでものを掴んだり、グーチョキパーのジャンケンをできるというもの。

遠足みたいなので来てる子供が多い。


んで、子供相手に説明をする。(子供向けにジャンケンゲームなんてのも用意)

大学の事務のおじさんと一緒にやっていたのですが、二人でテキ屋みたいになってました。

「はいはい、三回勝負ね、あ、このボタン押してね、はい、勝ちね。もう一回やる?はい、あ、勝ちね。すごいねぇ、なかなか出るもんじゃないよ。2連勝ね、はい、あ、次の子が待ってるんでね、あ、2連勝したじゃない。はい、次の子ね・・・」

インチキさ爆発の露天商みたいです。






あ、マイクロハンド自体はすごいものですよ。(フォロー)






そんなこんなで、一日対応。





抜け出して押井守の「夢見る山」を見てこようと画策してたけど、

「整理券配布しますんで、入場券を見せて下さい〜」



入場券持ってないっ!







帰り、九時過ぎ

リニモ乗り場は人で溢れかえっておりますっ!!!!!!!!

・・・また並ぶ。



(補足〜
別の日に昼から行ったら、藤が丘、リニモも並ぶ事無く空いてました〜。
帰りも八時くらいなら同じく並ぶ必要なし。
雨だったのもあると思いますがー。

☆ ☆ ☆

オーストラリア館のワニロール食べてきました。


ワニロール!



なんか、鳥のササミみたいなフライでした。もっと、


クロコダイルダンディー!!!!溢れる肉汁!!!固い肉塊!!!!!!

かと思っていたら、フィッシュフライみたいなのでした。

もっと、迫力が欲しい!名前負けしてるワニロールでしたん。
[PR]
by itotani | 2005-06-17 11:36 | その他
万博潜入
え〜、万博行ってきます。





関係者として。




なんか、うちの大学の研究室で出展するらしく、そのお手伝い。

直接、出展するプロジェクトに関係してる訳じゃないんだけど、実家が名古屋だからってなわけで、参加者に組み込まれる。



んで〜


なんだか、参加者に組み込んだものの、人員が足りてしまって、形式上参加しとけー

ってな感じ。


つまり、用事はないけどまぁ、お手伝い、しとく??

と、ゆー事。





ひっかかるものがありながらも、潜入。

ぷんすか!
[PR]
by itotani | 2005-06-11 14:50 | その他
昭和ランチ
本日のお昼は

「昭和ランチ」

http://www.ug-gu.co.jp/restaurant/shop/syowalunch.html

たまたま見つけただけですけど〜。


よく見かける、24時間営業の定食屋なんですが、メニューがどことなく昭和チック、値段もまぁ、他の定食屋と同じ。

しっかり、ウィンナーが赤かったです。そう、あの赤。


もぐもぐ



で、

「昭和ランチ」の会社のやってる他の店
http://www.ug-gu.co.jp/index-top.htm



和食『大仏ころころ』
http://www.ug-gu.co.jp/restaurant/shop/daikoro.html
たけしの元気が出るテレビみたいです。

レストラン『Elephant Cafe』
http://www.ug-gu.co.jp/restaurant/shop/elephant-shibuya.htm
やっぱり、元気が出るテレビ・・・

『BUTTU TRICK-BAR』
http://www.ug-gu.co.jp/restaurant/shop/buttu-tokyo.html
そして、元気が出るテレビ



元気テレビ以外にも

http://www.ug-gu.co.jp/restaurant/shop/christon-osaka.htm
晩餐会!


エンターテイメントに徹したなんともキッチュでポップでキャッチーなお店達です。
[PR]
by itotani | 2005-06-06 00:18 | その他
Holy Shit!

失礼・・・

何回か面接に行ってた東京の企業、内定が決まる。

んで、

でだ!

内定というのは、「弊社と○○」どちらになさいますか?と聞かれたら

「考えさせてもらいます」

と言うのが定例なのかっ。



「いやいや、ではそちらに行きます」

って言ったら、決定???
[PR]
by itotani | 2005-06-02 18:41 | その他
上半身でGO!
原型制作日記④

上半身を作っていきますー。

肩、鎖骨、首、そして胸の繋がりがよく分かりません。

けど、

この部分はできるとカッコイイので、なんとか形にしたいところ。

繋がりが
一枚の絵からじゃ分からないんで、

本屋で写真集とか、美術の本とか、はたまた仏像を見たりしてイメージを湧かせる。


なんとか、それっぽく。

c0056498_17214624.jpg


で、焼く!


で、首をとりつけて、ひとまずの形に〜。左右の対象が気になるんで
修正をしてきますー。



写真が逆光・・・
[PR]
by itotani | 2005-06-02 17:29 | タンホイザーゲート通信