<   2006年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ひとまず
修士論文の発表が終了しました〜。

部屋の掃除やら何やら、溜まっていた事を済ませていきたいと思います〜。
[PR]
by itotani | 2006-02-28 18:46 | その他
いろいろと
ワンフェス終わったんですが、修士論文の発表が控えております。ぎゃ。



で、



■赤くて未来な乗り物

ワンフェス会場で見た、赤い未来なロシア兵が乗った乗り物、



あった



コレ



「ワンフェス  赤い 乗り物」でgoogleで出てきます。企業とかじゃなくて、個人の自作のようです。


これが、スイスイ動くんです。始めは下から足でも出して歩いてるのかと思ったんですが、そうじゃなくて、しっかり乗り込んで走っていました。


鳥山明の漫画にでも出てきそう。


すげー。






■『文学は絵画より少なくとも50年は遅れている』


急になんだ〜??ってなもんですが、最近、なるほど、と思った事。




え〜、

『裸のランチ』って小説読んでます。

この『裸のランチ』って小説はストーリーが掴みにくく(というか無い)断片的なイメージが並べられた小説です。


そんな意味の繋がらない言葉だけが並べられた小説も面白いな〜と、思う事がしばしば。
(実際に読むと、裸のランチは非常に読みにくいんですが)


この小説を探して読み始めたのは
映画版の『裸のランチ』
 (ってのがあるんです。)
を観て、その中で登場人物の一人が、本を読みながら意味の繋がらない単語ばかりをしゃべっていくシーンがあって、その本を読みたいな〜、と思ったのが始まり。

映画観たのがだいぶ前なんで分かりませんが、もしかしたらその本こそ、小説の『裸のランチ』だったのかな?(しかも半分寝ながら観てたので定かじゃありませんがー。)


ともかく、小説の「裸のランチ」の事を調べていたら、その読んでみたいと思ってた、イメージの断片断片の小説だというんで、探して読んでみました。


最近だと「TAKESHIS'」、他にも大友克洋の短編、はたまた押井守の映画みたいな、ストーリーを追うのは難しいけど、各イメージが綺麗、というか美しい映画や漫画というのが好きです。が、それって、ストーリーを追うのを拒否したような見方で、果たしていいもんだろうか?と疑問に思う事もしばしばでした。


そんな中、上の題名の

『文学は絵画より少なくとも50年は遅れている』

ってのを読みました(たまたまですがー)。ここ


絵画では他の絵を切り取って貼付けてイメージを作る技法(モンタージュ)等がずっと以前から使われているけど、文学ではどうか?って事で、

50年遅れている

と言った人がいるそうな。
その人が「裸のランチ」の筆者バロウズにその考えに基づいた、


「カットアップ」
新聞、雑誌や書物から適当なセンテンスやフレーズやワードを切り取って、これを前後左右縦横呑吐に並べていく“言語上のカット&ペースト”の手法を使ってイメージを湧かせる。


を教えて、バロウズはこの手法で小説を書いたそうな。

他にも絵画のデカルコマニー(絵の具が乗った紙を半分に折って、対象な絵ができるアレ)の手法を文学に持ち込んで、文章をひっくり返して(なのかな)イメージを作る「フォールドイン」というのもあるらしい。


な〜るほどねぇ〜〜〜〜。


確かに、絵画じゃ普通に使われているような手法も文学じゃまだまだ開拓されていないというのは納得できるな〜、と、思う。


久々に関心。
[PR]
by itotani | 2006-02-24 00:18 | その他
AAR(アフター アクション レビュー) 続き
一つ下の記事、AAR(アフター アクション レビュー)から先にご覧下さい :)


んで〜、当日。新幹線で出発。

9:30 東京駅到着ー。お手伝いの友達と合流、んでー、会場入り。

今回は展示だけなので、並べたら、あとは、ぽけ〜。



と、してるわけではなく、今回は版権元さんが、ポスターを貸してくれるというんで、張ったりなんかしました。


バレルの交換中のアップという渋すぎるポスター。プロテクトギアはほとんど(手しか)映っていない。カッコイイ!!



んで〜、色々な人がブースに足を止めてくれて嬉しい。


「かわいい!」という意見ももらう。神棚のあたり・・・かな?




で、


・・・展示だけ


ん?






相方が販売するって事だったんですが、来ない!ぎゃー。(最後には間に合いましたがー。)




と、そんなこんなで一日が過ぎる。

今回、面白かったもの。

○赤くて未来な乗り物
会場をすいすいと走っていた、赤いタコのような乗り物。何だったんでしょう??
なんと中にロシアの戦車兵みたいな人が乗って操縦してました。ハリボテとかじゃなくて、ちゃんと自走していました。本当に、何だったんでしょう?????

この説明じゃなんだか分かりませんがー・・・





で、帰宅。













が、新幹線に乗り間違えて帰れず。










んで〜、浜松まではなんとか行けたんで、下車。





電車に乗り間違えたお馬鹿さんの為にJRでは


c0056498_20414979.jpg


『誤乗』


というシステムがあるらしく、払い戻しはできないけど、次の日の始発に限り乗る事ができる、との事。





んで〜、浜松のネットカフェで始発まで

『ヒストリエ』
(と、いう漫画があるんです。)

読みながら、たまに寝ながら、待つ。





で〜、始発にはちゃんと起きて、

朝食に
『うなぎバーガー』

c0056498_20403497.jpg


食べて帰りました。


以上、AAR(アフター アクション レビュー)でした。

お粗末。
[PR]
by itotani | 2006-02-21 20:49 | タンホイザーゲート通信
AAR(アフター アクション レビュー)
と、いうわけで
WF2006冬終了ー。

写真を撮っておいたんで、前日からの様子をアップしてみます。

2006/2/17 18:00

c0056498_174266.jpg
このサフ吹く直前の状態って好き。


c0056498_17423371.jpg
こっちのおじさんは、あんまり修正箇所なかったんで、こんな感じ。




前の状態から、気になる所をメモっておいたんで、それを直して・・・
表面処理を終了。




睡眠





2006/2/18/4:30

BSのデジタルスタジアムの表彰式を見ながら作業。
ふ〜む、デジタルとアナログの融合ねぇ〜。・・・顔スタンプ、すごっ!

で、

ベースと小物(マスクのベルトとか。紙で作って瞬着で固める)を作る。


これは・・・

c0056498_1752022.jpg







むにゃむにゃと半分寝てる中、ふと思いつき神棚を製作。うむ。極限状態だと何が起こるか分からない!




2006/2/18/5:00
パーツそろう。

c0056498_17565512.jpg
これにベースが付きます。あと、顔は髪の毛が別パーツになっているので、分かれます。


c0056498_17572371.jpg
ごちゃごちゃしてるのはプロテクトギアのパーツ。






2006/2/18/6:00
塗装開始!

今回は『アクリルガッシュ』の塗装に挑戦!!
なにもこんな時に挑戦しなくてもいいんですが、試してみました。
使ったのはターナーのアクリルガッシュ。20mlで250円のやつ。
筆は画材屋さんで買ったアクリル用の250円の面相筆と平筆。アーマーモデリング紙でいやがおうにも購買意欲をかき立てられるウインザー&ニュートンの筆はまだまだ買いません!!

c0056498_186481.jpgサフ状態。




c0056498_18111147.jpg
アクリルガッシュのランプブラックと白を混ぜたものを水で薄めてエアブラシで全体に塗ります。顔は外して、フレッシュ(だったかな?)を塗ります。



薄〜く、ゆっくりと塗らないとうまく色が載りませんが、薄〜く→乾かす→薄〜く→乾かすを繰り返すと、ツヤの消えた綺麗なアクリル塗装の面が出来上がります。こうなったら、後は上から筆でサクサクとアクリルガッシュを重ねていく事ができます。(はじかないし、綺麗にツヤ消しで染み込んでいくような感じで非常に塗りやすい。でも、どんどん塗膜が厚くなるんで注意。)



c0056498_18121915.jpg
小物とか塗ったところ。
デジカメのデータ見たら、10:30となってます。




面相筆を瞬着に浸けてしまい死んでしまったので、画材屋に買いにお出かけ。
ついでに、つや出し用のメディウムを購入。




c0056498_18131281.jpg
おじさんも塗り分けました。
おじさんはサクっと出来ました。
デジカメのデータで13:30。












2006/2/18/17:20
と、ここで顔の形がどーにも気になるんで、修正。ヤスリでちょっと頬を削って髪の毛もいじる。

c0056498_18203424.jpg










2006/2/18/18:30
まだ塗っています。
c0056498_18345668.jpg



細かいところとか。気になるところを塗っていく。
影を描きこんだり、小物を塗り分けたり。
水とかアクリルの薄め液とか、試行錯誤。
アクリルの薄め液を使うと、少し粘度が上がって、下が透けにくくなる・・・気がします。
写真には写ってないけど、ベースの色をどうしようか思案する。
結局、羽田空港の写真から、空港の滑走路にピンク色の線が引いてある所があったんで、コレに決定。




c0056498_18381193.jpg
アクリルだと、プラモデルというより、絵画教室のようになります。






2006/2/18/21:40
塗装終了ー。サンプル用の写真撮ります。
三脚を買ったんで手ぶれ知らず!

c0056498_18471527.jpg


顔はまだまだ勉強が必要です・・・難しい。ピンクのベースがお気に入りです。


c0056498_1848097.jpg


おじさんは、ふむ〜、まあまあ、それっぽい。
あぁっ!眉毛がない。あと、ロッカーの扉にポリパテが。







2006/2/19/2:00
んでー、準備とかして、夕飯食べて、明日の出発にむけて就寝。
[PR]
by itotani | 2006-02-21 19:06 | タンホイザーゲート通信
終了。
c0056498_1739165.jpg


はい、修論終了。

ただ今提出。

写真はやらせなので、あしからず。ビンはこれだけ出てきましたがー。






こんな時期ですが、今読んでる小説は『裸のランチ』。

バロウズ!
[PR]
by itotani | 2006-02-15 17:42 | その他
メタルジョー
はい、というわけで法事から帰ってきました。


んで〜、唐突なんですが、


小さい時に遊んでいたものは?って事で、

小学生の時のミニ四駆はすぐ思い出せるんですが、それ以前は何で遊んでいたんでしょう??

という事でパッと思いついたのが、


『メタルジョー』
↑鍵の状態をクリックすると変形します。


カギロボって言っていた気がします。クリスマスのプレゼントで貰いました。



上のHPの真ん中くらいにある
金庫番5号 ソードロック(機甲錠人メタルジョーMJ-05)

おそらくケイブン社の『ロボット百科』みたいな本だったと思うんですが、その中に漫画があって、これがカッコ良く戦うんです。





う〜〜〜〜ん、今見るとなかなか謎な企画のオモチャです。しかも、名前が錠前で「ジョー」。



さて、修論書きましょう。
[PR]
by itotani | 2006-02-13 20:35 | その他
HPアップ
半年ぶりの本家HP更新・・・がんばらにゃいかんですなー。

タンホイザーゲート

OS9のAdobePageMillって、Macのオマケでついてたソフトで作っていたんで、
iMacがHP更新専用マシンになっています。


ちなみにHPにも書きましたが、場所が決定。B09-07です。

今回、ブースの場所がこれまでの一階ではなく、四階となりました。

なーんだか、「マニアどころ」は四階に飛ばされるとかなんとかいう話を聞いた事無いでも無い
気がしますが・・・



c0056498_16122291.jpg

表面処理をまだまだモリモリとやらないといかんです・・・

OS10.4にしたらデジカメの写真が読み込めなくなってしまったので、デジカメ→iMac→ネット→ノート→ブログでアップ。
まぁ、カードリーダーを買うか、学校で読み込めばいいんですけどー。

あ・・・後ろにコーンポタージュスープの缶が写ってしまっている。好きなんです。
[PR]
by itotani | 2006-02-10 16:02 | タンホイザーゲート通信
近況ー
ガキーン!

くわがたツマミオフィシャルHPが開設!

「くわがたツマミ」 オフィシャルページ


・・・は、まぁ、気になっただけですがー、ワンフェス直前になるとツマミちゃんを見るようになります、伊藤谷です。

これ聞くと、夏の複製地獄を思い出します。




修士論文とワンフェスでてんてこまい?です。

複製ないので、ちょっと油断していたらもう一週間前です。

え〜、間に合うのかな?間に合わせるんですけど。

夏にもこんな事言っていた気がしますがー。



おまけと言ってはなんですがー、現在大学で・・・

こんなところで
c0056498_1443161.jpg


錬金術をしています。
c0056498_1446757.jpg
 


論文の内容は『テスラ・コイルを用いたハチソン効果と錬金術に関する研究』です。

ウソです。




今から法事で実家に一時帰国ですー。間に合うのかっ?間に合わせるんですけど・・・
[PR]
by itotani | 2006-02-10 14:52 | その他