<   2006年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ここはどこだ?
名古屋でもなく、


京都でもなく、



帝都だっ!!



いや、今日が会社の入寮なので、東京に移動したのです。
仕事場は東京ですが、下宿は神奈川なんですけど。
ネットがないので携帯からの更新です。


朝は名古屋で寝ていたのに、今は神奈川っていうとなんだか変な感じがしますがー。


まぁまぁ、街なところです。

セイユーと薬屋、セブンイレブン〔写真とコピーは安心!〕、UFJ銀行をひとまず確認。



本屋が無いんですけど・・・


ベッドが備え付けなんで、ウン年ぶりにベッドで寝ます~。
[PR]
by itotani | 2006-03-29 23:26 | その他
撤退!
本日、卒業式です。


そんで〜、そのあとマンションを引き払って京都を撤退です!


・・・の、予定でしたが、大家さんに頼んでちょ〜っと、伸ばしてもらいました。
 引き払いは明日23日の午前中に変更です。今日の夜じゃバタバタしてしまうんで、明日の朝引き払いなら午後とかゆっくりできるかな〜と。

これから、インターネットの装置を外すんで、京都のファイバービットからの通信はこれが最後になります。



それでは、京都の回線を味わいながら通信を終了。




祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり

娑羅双樹の花の色  盛者必衰の理をあらはす

奢れる人も久しからず 唯春の夜の夢のごとし

猛き者も遂にはほろびぬ 


偏に風の前の塵に同じ
[PR]
by itotani | 2006-03-22 00:59 | その他
Dust to dust
Dust to Dust Ashes to Ashes Soul to Soul...


Dust to dust...『ガサラキ』のオープニング「MESSAGE #9」を思い出す。





なんてのは置いといて、ただ今部屋の片付けの真っ最中。

本だけでダンボール3箱、押井守だけでダンボール1箱、他にもエアブラシやら工具やら・・・あ〜、食器とかもありますよ〜。

座椅子を捨てるにも大型ゴミの業者に頼んで、コンビニでシール買って、張って、といった作業があります。ゴミの分別はルーズなのに、大型ゴミはめんどくさい京都。



今日は両親が手伝いに来てくれました。



あと、

初めてブックオフで本を売りました。1000円となりました。価格が付かなかった本は処分との事。う〜〜〜〜〜ん、引き取る事もできないんでそうして貰いましたが、なんだかちょっと寂しい気がします。
[PR]
by itotani | 2006-03-18 21:44 | その他
ペンギン3
またまた続き。下から読んで下さい。

13)目とくちばし
 くちばしにパーマネントイエローとバーミリオンで作ったオレンジを塗ります。コウテイペンギンは下のくちばしにオレンジ色の模様が付きます。写真見ながら形を整えて描きます。 
 目とくちばしにランプブラックにつや出しメディウムを混ぜたものを塗ってツヤを出します。ツヤ消しが綺麗に出るアクリルガッシュですが、メディウムを混ぜる事でツヤを出す事もできます。
 c0056498_16442484.jpg


14)子ペンギンマスキング
 子ペンギンを塗る為にマスキングを行います。顔は白なんで、顔にもマスキングをしておきます。
c0056498_16453857.jpg


15)子ペンギン塗装
 ランプブラックとチタニウムホワイトを混ぜてグレーを作り、子ペンギンを塗ります。子供の頃は灰色のふわふわとした毛をしています。
 エアブラシで塗装します。
c0056498_16475025.jpg


16)子ペンギン仕上げ
 子ペンギンのやわらかい毛並みを再現すべく、ランプブラック+チタニウムホワイトの混ぜ具合を変えながら色々なグレーをつくり、筆で塗っていきます。水で薄めたもので境界をなぞる事でぼかしたような表現も可能です。ここは、可愛くなるようにせっせと写真を見たりしながら描いていきます。目にはメディウムをいれたランプブラックでツヤを出しておきます。
c0056498_16511714.jpg


17)完成
 はみ出している所とか、ちょっといじって完成。
c0056498_16522444.jpg


ツヤを出した目がキラリとしています。パンダの目を見たような野生を感じる。



以上です/

塗装の参考になれば幸いです〜。




c0056498_16534241.jpg

・・・後ろ姿がかわいい。
[PR]
by itotani | 2006-03-06 16:56 | タンホイザーゲート通信
ペンギン2
続き。

記事の順番が逆になるのが致命的だ!

8)黄色塗り
 コウテイペンギンは顔の横と首の下に黄色の部分があるので、パーマネントイエローを薄くぼかしながらエアブラシで塗ります。
c0056498_1683888.jpg


9)黄色塗り 2
 さらに、黄色の中にオレンジ色の部分があるので、喉元、顔の黒い部分との境目のあたりにパーマネントイエローにバーミリオンを混ぜたものを薄〜くぼかして塗ります。
c0056498_16175640.jpg


10)マスキング
 黒い部分の塗装の為にマスキングを行います。白と黒の境目は手の部分と首の部分、肩の部分にできます。ここで、コウテイペンギンの肩の部分の境界はくっきりとせず、ぼやけているんで、肩はマスキングしないでエアブラシでぼかす事にします。
c0056498_16251953.jpg


11)灰色塗装
 コウテイペンギンの背や手の黒い部分をぬります。コウテイペンギンは頭の部分が真っ黒で、その他は真っ黒ではなくやや薄く灰色になっています。ランプブラックにチタニウムホワイトを混ぜてグレーを作ります。あとでレタッチにつかうんで、このグレーは沢山つくっておきます。
 エアブラシで吹きます。肩の部分はぼかして境界を作ります。
c0056498_1630849.jpg

c0056498_16322322.jpg



こんな感じ。


12)黒塗装
 頭と腕のエッジにある真っ黒な部分を、筆で塗っていきます。色はランプブラックをそのまま。マスキングのレタッチもここで行います。水で濃度をうまいこと調整すると、筆の跡がでないで綺麗に染み込むように塗れます。
c0056498_1634960.jpg



アップロードの容量の限界により、また続く!!
[PR]
by itotani | 2006-03-06 16:35 | タンホイザーゲート通信
ペンギン
海洋堂ミュージアムのおまけのペンギンを塗っていった手順を載せてみようかと思います。

ミュージアム内に塗り方の説明が書いてあったんですが、その説明書は貰えないので、それを記憶に焼き付けておくか、自分で考えてやらねばなりません。どなたかの参考になれば、って感じです。


ガレージキット塗るつもりでやっているんでちょっと一般向けじゃないところもあると思いますがー。


ちょっと長いですけど、参考になれば幸いです。


ペンギンの塗り方〜。
アクリルガッシュ使って塗っていきます。


1)何ペンギンかの知識もなかったので調べる。
 形やら子供やらでコウテイペンギンと判明。ネットで資料を集めて、色とか調べる。ついでにコウテイペンギンの一生も読んでしまう。

2)前処理
 尾の部分と小ペンギンの頭にゲートとパーティングラインがあるんで、400番のペーパーでさっと処理します。パーティングラインは非常に薄く、処理は簡単に済ませられます。
c0056498_15441757.jpg


3)メタルプライマー塗り
 素材がキャストとかではなく(当たり前か)固いけど曲げようと思えば曲がる柔らかい、食玩によくある素材なので、下地にメタルプライマーを塗って塗装の剥がれを防いでおきます。
エアブラシで吹き付けました。
c0056498_15464424.jpg


4)サーフェイサー吹き
 瓶入りの1000をエアブラシで塗ります。本当は1200がいいんですが、手元になかったんで。柔らかい素材にアクリルガッシュなんで、食いつきを良くするために下地をしっかりさせます。
c0056498_15511680.jpg


5)ラッカーのホワイト吹き
 アクリルガッシュで塗っていくんですが、白をアクリルガッシュで塗ると塗膜が厚くなってしまうので、下地にラッカーのつや消しホワイトを吹いておきます。
c0056498_15554793.jpg


6)アクリルガッシュのホワイト吹き
 アクリルガッシュのチタニウムホワイトをエアブラシで薄く吹いていきます。全体が綺麗なつや消しの白になるまで薄く→乾燥を繰り返します。アクリルガッシュの面ができれば、あとは上からアクリルガッシュを使ってはじく事無く、綺麗に塗り重ねて行けます。
c0056498_1558470.jpg


7)模様のアタリつけ
 コウテイペンギンの資料を見ながら、白と黒の境界のアタリを薄い灰色で付けておきます。チタニウムホワイトにちょっとだけランプブラックを混ぜたものを水で薄めて筆塗り。
c0056498_1605472.jpg



続く!
[PR]
by itotani | 2006-03-06 16:03 | タンホイザーゲート通信
長浜行ってきました。
先週、修論発表の直前でドタバタ、みたいな事書いていましたが、サークルの先輩が壮行会やってくれる、というんで滋賀県は長浜に行ってきました。

んで、

一番最初に向かった先は『海洋堂ミュージアム』

チョコエッグが飾ってあるんですが、手作り感のあるジオラマの中に飾ってあります。これが、作る人の個性が出ていて楽しかったりします。

おかしのおまけ博物館、って事でやっているんで、食玩がメインのファミリー向けの展示、という感じでした。でも、原型師の紹介とかもあって、一部深い。


で、入場記念でもらえるおまけフィギュア・・・



未塗装の状態で貰えます。自分で塗れ、というような立て看板が置いてあります。

さすが海洋堂。



これの塗装に関しては別の記事に〜。





で〜、あとは

大きなシイタケの載った「のっぺいうどん」食べて、
(このシイタケの大きさは手の平くらいあります。長浜バイオ大学の成果でしょうか?_?)

ゴブラン焼きという饅頭の製造機械に心ときめかせ
(油ひく所から包装まで全自動。ガッチャンガッチャン動きます。)

長浜城で火縄銃のバレル覗いて
(ライフリングはないんです。)

帰ってきました。

上では大分偏った楽しみ方をピックアップしてますが、長浜の街は雰囲気がよく、歩くだけでも楽しいですよ〜。




・・・万華鏡を沢山売ってたのが無くなっていたのが残念。海洋堂にスペース取られた??
[PR]
by itotani | 2006-03-06 15:38 | その他