<   2007年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Northern Strike
c0056498_2313533.jpg



遭難しました。












ではなく、



会社のレクリエーションで新潟の雪山へ。



すのーぼーどなどという、若い人の競技に挑戦しました。






筋肉痛にアミノ酸が聞くというのですが、本当でしょうか・・・
[PR]
by itotani | 2007-03-24 23:14 | その他
春です。
■さーくらー咲く季節に

capsuleの「さくら」

これ、春に聞くといい感じの曲です

が、

ipod miniがご昇天されたので、新しいipodが出るまで我慢の子の伊藤谷です。


ipod脳で再生する今日この頃。


■で、春です。

去年の今頃は卒業を間近にドタバタ。


その時の風景やら空気やらを思い出して、2006年の春が頭に浮かぶ。

荷物送ってがらーんとした部屋でKIRINのNUDA一本とibookだけのテレビも無い状態で、これまた初めて京都に来た日も何も無いがらーんとした部屋だったな〜とかなんとか。



だから、どう、という訳じゃないんですけど。



■で

話は変わって


春眠暁を覚えず・・・


しかし、最近5時くらいに一度目が覚めるようになりました。うーむ。

その後、2度寝。それはそれで、結構気持ちいいんですけど。


寝よう。
[PR]
by itotani | 2007-03-22 01:52 | その他
近況
■ホント 戦争は地獄だぜ!

会社のプロジェクトが変わってちょっと生活が変化。

去年の生活、これはちょっとひどくないか?とは思っていましたが、
いざ関係者の証言を元に客観的に分析すると、どうやら本当にひどい状況だったよう。


「フルメタルジャケット」を見ながらう〜ん、よく生き延びたな〜、なんて思う。

今は「カジュアリティーズ」(と、いうベトナム戦争の映画があるんです。)のエンディング、地元に帰る電車に乗ってるマイケル・J・フォックスの気分。(分かりにくいかも知れませんが。)


色々と考える時間も増えて来たし。(もう、考える時間すらなかった。右向け右!)

ふう

平時がいつまで続くか分かりませんがー。

■ケッタ??

自転車買いました。

うーん、5時くらいの夕暮れみながら自転車で走るのってやっぱいいなぁ。




そろそろ寝ようかと思うので・・・以上です、編集長!
[PR]
by itotani | 2007-03-12 01:09 | その他
新兵器の時代 その2
その2

■金属加工

MG34を1/16のサイズで作ります。

で、MG34のバレルジャケットの穴(があるんです)をなんとかしないといけません。

真鍮パイプにケガいて穴を空けよう、とか、紙を巻いて瞬着とサーフェイサーで固めて筒を作って穴を空けよう、とか色々考えましたが、どうもキレイにいきません。

と、

買って来たアーマーモデリングの最新号に1/24スケールで同じように機銃のバレルジャケットの穴をスクラッチしている記事が!

なんというタイミング。

マネします。


「銅板に穴を空けて、パイプ状に丸めてつなぎ目をハンダで溶接」との事。



銅板ではなく、0.1mmの真鍮板で行います(手元にあったから)。

c0056498_2112416.jpg


月刊GUN別冊のMG34の写真と、1/6のMG34(タカラのプロテクトギアに付属のやつ)から穴の数の確認と距離を計算して、展開した状態での穴の位置を真鍮板にケガいていきます。
(Q:パイとか円柱の問題やって何の役に立つの? A:MG34のバレルを作る時に使います)



c0056498_21141561.jpg

縫い針をポンチ代わりに使って穴を空ける準備をします。



c0056498_21163656.jpg

0.8mmのピンバイスで穴を空けます。実際の穴が(おそらく)12mmなので、1/16で0.75mm。
実際には木片に両面テープで固定して、0.3mm→0.8mmの順で空けて行きました。



c0056498_2125352.jpg

2mmの真鍮線に巻き付けて、つなぎ目をハンダで溶接します。
ちなみに、実物のバレルは直径(おそらく)39mm。1/16だと2.4mmなのですが、今回は2.2mmとなります。

真鍮板のハンダ加工はエッチングパーツの記事とか見てやってみたかったので、ちょうどいい機会だったかと。
こちらのサイトを参考に作業を進めました。



c0056498_21434128.jpg

ヤスリでハンダ付けした部分を削って成形します。パテみたいな感じ。




c0056498_21474955.jpg

バレル以外の部分は木部用パテで大体の形を作って、ポリパテで細かい部分を作っていきました。


が、バレル部分にもモールド付けないといけないし、瞬着止めの真鍮のバレルがポキッと取れてしまいそうなので、



c0056498_2152172.jpg

この途中状態でブルーシリコンで型取りして、全部ポリパテに置き換えます。



・・・で、この後の写真がないのですが、ポリパテで細かい部分を作っていきます。



c0056498_21584221.jpg

それらしく、できました。


■そして

今回の展示品。

c0056498_2356475.jpg



『紅い足跡』より 都々目紅一
 ノンスケール 全長11cm
 MG34 ベース付き
 WF2007冬 展示

材料:
本体/セメダイン木部用パテ ポリパテ エポパテ(タミヤ速乾性)
ベース/石膏 セメダイン木部用パテ ポリパテ エポパテ(タミヤ速乾性)
塗装:
本体&ベース/アクリルガッシュ(目の赤と弾丸はMr、カラー。)
銃/ブラックスチール

○これまでの1/35の約2倍のサイズ。ノンスケールですが、大体1/16くらいです。




■本当にどうでもいいおまけ

c0056498_23352874.jpg


ずんだケーキ。


もぐもぐ


ずんだあん好きです。

おわり。
[PR]
by itotani | 2007-03-04 23:10 | タンホイザーゲート通信
新兵器の時代
今回のワンフェスでは幾つかの新しい事を試してみました。

■セメダイン 木部用パテ

随分前にも書きましたが、硬化時間がとても早く、一気に形を作っていけるので、始めに大体の形を作るのに使える。

アルミ線を芯に、これで大体の形を作って、タミヤの速乾性エポパテやポリパテで細かいところを作っていくという方法がいいかな、なんて思っています。

ボソボソとしてて細かい造形は出来なかったり、乾燥後も表面がザラザラした感じになるのが弱点。

■黒い瞬着 & 硬化促進スプレー

これまた前にもちょっと書きましたが、今回結構使いました。

通常の瞬着に比べて、硬化後の切削性がよいです。
普通の瞬着が欠けそうなクリアーパーツの硬さなら、黒い瞬着は粘りのあるキャストの硬さって感じです。
硬化時間は20分。どこが「瞬間」接着剤なんだ!とツッコミが入りそうですが、硬化促進スプレーを使うのでノープロブレムです。

パテのように使ったり、腕や足の角度を変えた時に、決まった角度で固定する為に使ったりしました。


○パテ代わり

c0056498_341798.jpg

原型ではありませんが・・・
ドラゴン(と、いうメーカーがあるんです)のパンターD(と、いう戦車があるんです)のパーツ。
このキット、「埋めて下さい」という指示が普通にあるので、ポリパテで埋めます。プラとポリパテの境界に段差があるので

c0056498_373273.jpg

黒い瞬着を塗って、硬化スプレーをひと吹き

c0056498_381532.jpg

右のパーツは400番で削った所。すぐに削れる状態になるのは嬉しいところ。
この後、サーフェイサー1200を筆で塗って、1000番で仕上げました。


○角度の固定

c0056498_3244027.jpg


木部用パテの中にアルミ線があるので、パテに切れ目を入れて割った後、角度を変更。
で、
コレ!という角度になったら、黒着(略した)を流して、硬化スプレーで固めます。
硬化後も、若干の角度の変更が可能。ちょっとひねっただけでパキッといく普通の瞬着よりこの作業には向いています。

切削性がよいといっても、ポリパテより硬く、粘り気があってデザインナイフが引っかかる感じがするので、細かいディティールを入れたりするのは向いていないです。(まぁ、あくまで瞬間接着剤なので・・・。)



■速硬性型取り用パテ ブルーミックス

硬化時間30分の粘土状の型取りシリコン。

小さなパーツの複製に使える。早さが魅力。

c0056498_3513164.jpg

c0056498_3514469.jpg

白と青の2つを混ぜて使います。触り心地は、やわらかく、滑らか。ベトベトと手に付く事もありません。非常に混ぜやすいです。
30分で硬化とありますが、実際には5分くらいで硬化がはじまるので、作業はパッパとしないといけません。

○弾帯

c0056498_414117.jpg

1/35のスコップの柄を削って作ったMG34の弾。


c0056498_4144161.jpg

こんな感じで片面取り。


c0056498_4151284.jpg

メンソレータムを塗って、2面取り。


c0056498_416248.jpg

ポリパテで複製します。


c0056498_4165722.jpg

複製したものを繋げて(えらくズレてますが)


c0056498_4173522.jpg

また型取り。
上の6発で1cm。10cmの弾帯が欲しいのでこれを10個作って繋げてさらにシリコン型を作ります(写真取るのわすれたのでアレですが、やる事はおなじです。)

今度はキャストを両面に流してタイヤキ式で複製(また写真なしですけど)。やわらかいうちに形をつけて・・・

こんな感じに。
c0056498_4225244.jpg


パーツの精度に問題がありますが・・・これは「丁寧にする」事で解消される問題かな。

まだ研究が必要と思いますが、なかなか使えそうです。

3つの2面取りの型を作ったわけですが、1日で作業が終了(他の作業とか買い物とかもいってますが)。
[PR]
by itotani | 2007-03-04 04:12 | タンホイザーゲート通信
AAR2(アフターアクションレビュー2)
ワンフェスの前の日の話とか〜

■ワンフェス前日は・・・

大学のサークルの友達の結婚式で京都へ。




で、

京都からそのままワンフェス会場に行くんで土曜日の朝までに準備します。

金曜の夕方くらいから

「ガンダムF91」「耳をすませば」

流しながら作業。


新作の塗装と、展示用に1/35のプロテクトギアの組み立て&塗装(前回の展示したのはサンプルで全部提出したんで)。



5:00くらいから仮眠。



9:40発の新幹線で京都にっ。(予定より一本遅れてしまいましたが。)




京都駅着!


結婚式に出席!



式の中で使われていた音楽がガンダムF91。なんたる偶然。



そして


2次会、3次会、4次会。(4次会の店の雰囲気がよかったな〜)


新郎、新婦、お幸せにっ。


解散っ。



潰れたAPAビラホテルの近くのホテルへ。





よ、予約キャンセル!?(バックパッカーの人が使うようなホテルなんで安心してたら、さすがに夜中の1:00は無理でした)。


四条河原町の漫画喫茶へ・・・
(前日に毎日放送の深夜アニメ見るとワンフェスって感じがします。えぇ〜。)


0625、出発。

c0056498_048663.jpg

引き出物と展示用のプロテクトギアを持ってワンフェス会場へ向かうの図。


■さよならプラッツ近鉄

京都のプラッツ近鉄が2月いっぱいで閉店という事で、ちょっと寄ってきました。
大学に入学して京都に来た時にほぼ同時にオープンした店なんで、思い出に残る店。


c0056498_1533044.jpg

ああっ


c0056498_0512785.jpg

      ↑おつかれさまっ。
[PR]
by itotani | 2007-03-04 01:39 | その他