<   2008年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
どぉ〜でもいい話
どぉ〜でもいい話。

自衛隊の新型戦車
TK-X

見て。

装甲が斜め。


プラモデル作る時に資料で調べてちょっと知識のついたくらいの人間の素朴な疑問。
なぜか一回、元に戻る、装甲の角度の話。



第二次世界大戦のドイツの戦車。

三号戦車
四号戦車

装甲が垂直。


そんなこんなで1941年、"T-34ショック"ってのが起こる。

ドイツ軍がロシアのT-34に出会う。装甲が斜めだ!斜めの方が弾を弾く!装甲が厚くなる!そうすりゃよかったのか!


ショックのあまり(かどうかは分かりませんが)

それ以降の戦車、パンターこと、五号戦車ではこれまでのドイツ戦車と全く形が変わってしまった。


この装甲を斜めにして、斜めの方が弾を弾く!装甲が厚くなる!というのが避弾経始(ひだんけいし)と言う概念になります。
なかなか理にかなった考えと思っとります。




時は流れて1970年代、第三世代戦車としてドイツが開発した
レオパルド2

垂直に戻っとる!!

こりゃ避弾経始ならぬ被弾軽視。
いいの?
今の世の中、砲弾も変わったし、複合装甲になったのです、これでいいのです!

う〜〜〜ん、そういうものなのか。



そして改修されたレオパルド2A5

・・・斜めになってる!



と、一度斜めになった装甲が垂直になってまた斜めに戻る。



う〜ん。なぜ一回、垂直に???



そして日本でも・・・


初の国産戦車61式戦車

T-34ショック!

怪獣がきたら倒してくれる74式戦車

避弾経始!

そして1990年に制式化、第三世代戦車90式戦車

垂直に!

そして新型戦車、TK-X

・・・また斜めに!


なんで第三世代で一回垂直に戻るんだ!!!



おまけ:
と、いうのはみんな考える事みたいで

避弾経始
とかにも書いてある。

レオパルド2が斜めに戻った!と書いていますが、弾丸を弾くために、やっぱり斜めにしました〜とかじゃなくて、中が空洞の装甲だったりします。被弾経始とは違うんで、上のほうの文で書いてあるツッコミは間違いです。調べるまでは、やっぱり戻った!と思ったんですが。奥が深い。

でも、複合素材でも、斜めの方がいいんじゃないかな・・・と素朴に思う。
[PR]
by itotani | 2008-03-18 01:24
あ!
■なにかの参考になればコレ幸いです。

光硬化パテで石畳を作った話をとあるひのコタツガさんで話題にあげていただきました〜。

とあるひのコタツガさんの紹介記事のような製作に関する詳しい考察はありませんが、どなたかのアイデアの足しになればコレ幸いとおもっております。

昨日はアクセス数が数倍になっておりました(〜・ω・)〜。



■そういえば・・・

ワンフェス前にこんな事をしていた。

c0056498_23303434.jpg

トランペッター社製の1/35超重戦車「E-100」!
でかいぞ〜。


を、作った。締め切りの2週間前、余裕があると思ってやってしまいました。

勝手にお手軽製作ポイント解説。

c0056498_23342519.jpg

この戦車、実際には完成しなかった為、架空の戦車となるのですが、車体の一部は完成しており、いくつか写真が残っています。
で、トランペッターのキットには写真で確認できる車体横側の溶接跡が無かったので、彫刻刀で彫る。

c0056498_23395881.jpg

二次大戦時、ドイツで作られた赤外線暗視装置(これは実在する)。実物の写真を見ると付いているコードがキットでは省略されているので、伸ばしランナーで追加。トランペッターのランナーは柔らかくて、こういう工作に向いている。

c0056498_23455694.jpg

「接着できます。」と書いてあるのに接着できないトランペッターの履帯。
瞬着でも無理なので、ホチキスで止めたりする方法もあるみたいですが、
セメダインのPPXを使えば接着できました。緩みはホイールにPPXで履帯を接着してつけました。履帯の長さがちょいと長い気がしたので、2コマつめてみたら、ちょっとつめすぎた。

c0056498_23594225.jpg

大戦末期のサビ止めプライマーの色にしよう〜という事でガイアノーツのレッドオキサイドで塗装。

で、

c0056498_23571372.jpg

ウォッシングとかしよ〜って所で止まっています。

部品数も少なく、未完成の架空の戦車って事で想像できる余地もあり、楽しく作れるかとー。というか楽しかったです、はい。ワンフェスの作業は押しましたが。

1/35ドーラが出たこのご時世、1/35のラーテがでる気がしてなりません。
[PR]
by itotani | 2008-03-06 00:17
AAR2(アフターアクションレビュー2)
え〜、ワンフェスから1週間経ちましたが、今回のワンフェスでやってみた事とか〜。

■光硬化パテ!
タミヤの光硬化パテを今回大分活用しました。

1)表面処理
表面処理の為のパテ埋め作業(サーフェイサー吹いて見つけたデコボコを埋める作業)で、大きめの段差を埋めるのにポリパテの代わりに使用。
食いつきはそんなに良くないので、浅い傷を埋めるのには向いていませんが、「穴を埋める」ような感じの作業にはポリパテの変わりに使えます。ポロっと剥がれるので、パテが固まった後、低粘度の瞬着を併用します。
蛍光灯タイプの電気スタンドに近づけて10秒くらいで固まるので作業効率がよい。


2)型紙を作って形をつくる
これが色々と応用できそうなテクニック。
studioKotatsugaHouseさん(とあるひのコタツガの方のHP〜)の光硬化パテで文字パーツを作ろうの記事を読んで試してみました。

で、ベースの石畳を作成。

フォトショップで石畳のパターンを作って、光効果パテで盛り上げ。
蛍光灯タイプのスタンドに1cmくらいまで近づけて10秒光を当てています。

c0056498_23383512.jpg


石畳のパターンはgoogle画像検索で"london cobble"とか"europeanfan"で検索するとそれらしいのが出てきました。こことかが大分まとまって書いてありました。

ベースに瞬着で貼付けて使用。

c0056498_23391980.jpg


パターンが簡単につくれるのはなかなか。でも、おとなしい感じになってしまうので(石畳がデコボコと段差になっていないかったり)、凸凹を逆にしたものを作って、スカルピーに押しつけ→加工のほうがいいかな。


他にも、商標のクレジットなんかにも使っています。

c0056498_23501583.jpg

これまではハンコ屋さんにデータを送ってゴム印を作ってもらっていたのですが、自前で作れるのがよい。文字の深さを深くするのにまだ工夫が入りそうです。(精度はハンコのほうが高い!)

■スカルピー

大分、慣れてきました。

スカルピーはスーパースカルピー:スカルピープリモを6:4くらいで混合、色付けの為にスカルピー3を少量混ぜたものを使用。

オーブンの中にアルミホイルでかまくらを作って、130℃で5〜10分で固めています。焦げないように、とにかく注意しとります。ある程度固まったら、オーブンのフタを少し開けたり、120℃に変えたり、タイマー切って余熱で固めたり。

アーカードはアルミ線で芯を作って作成。十字軍は芯なしで、前面を作って固める→背中を作る、という方法で作ってみました。
芯が合った方が動きがあるものが作りやすい。芯なしの方が、細かい作り込みがしやすい。今後、どちらの方法でやるかはまだ思考錯誤かな〜。
芯なしの方法はこの方の作り方を参考に〜。(すごいな〜)

最終的には表面処理の為にポリパテに置き換えています。
(ある程度出来たら、コピーを残しておいた方が精神衛生上良い!というのもある)

c0056498_0143883.jpg


ヤスリがけとかは、やっぱりポリパテがやりやすい。


■近況ー

4/6のホビコンに参加予定〜。なのですが、版権の締め切りをすっかり忘れていたので、版権無しの何かを出そうかと考えております。
今度のホビコンには雨宮慶太カントクや竹谷隆之氏のサイン会が!ホビコン、なにげにイベントがよい。ハートにぐぐっときます。


■おまけ

大学の友達が結婚式だかで関東に来ているんで、お昼でもいかが?って事で新横浜へ。
で、ラーメン博物館に。
ラーメンに関して特筆事項はないんですが、中に昭和の駄菓子屋を再現した店があって、「型抜き」を発見。

デザインナイフとか握っている人間はやらずにはおられまい。


・・・駄目でした。割れた。
一緒にいった友達がヒマそうにしてるので、急いでしまったのが原因なんだよー、とかいいわけ。


おみやげで売っていたので、家でリベンジ。

c0056498_03544.jpg


デザインナイフとリューターで仕上げた。以上。

(あ、コレお菓子なんでちゃんと破片とかは食べてますよぅ。)
[PR]
by itotani | 2008-03-03 00:44 | タンホイザーゲート通信