<   2008年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
1/8スケール

c0056498_0115914.jpg


まだ、版権とれるかわかりませんが、夏のWFに向けて作業中。

今度は1/8スケールに挑戦。でかい!

「人体デッサン」みたいな本を1/8に合わせてコピー

それに合わせて、木部用エポパテで芯を作成(骨にあたる部分をエポパテで作って、アルミ線でつなげていく方法)

ポーズ付け(自分でポーズ取る。実際に重いものを持ってみる。)

グレースカルピーで肉付け

服とか作って行く(いまココ)

今回は、グレースカルピーを使ってみました。
グレースカルピーですが、スーパースカルピーやプリモに比べて柔らかい。よく練った油粘土みたいな感じです。
ヘラを当てると、ぐにっと押されてしまうので、細かい造形をするにはコツがいりそう。が、硬化後の切削性がよいのと、袋から出した状態ですぐ使える(スーパースカルピーやプリモだと、硬いので練る必要がある。これが指が痛くなるのであまりやりたくない・・・)のがいいかな。


伏し目がちってのに四苦八苦。
何個か作ったんですが、なんか眠ってるみたいになってしまう。
で、他の人の作品やら、イラストを見て・・・目を半分くらい開いていても、伏し目に見えるのか〜!などと納得。
[PR]
by itotani | 2008-04-21 01:20 | タンホイザーゲート通信
ホビコン03!AAR(アフターアクションレビュー)
え〜、しばらく更新してませんでしたが、生きています。

昨日、4/6のホビーコンプレックス03に行って参りました。

版権の申し込み締め切りをすっかり忘れていた為、今回は版権モノの出品は無し。(・・・次の5月のも締め切り過ぎてしまいました。うーーーーーーーーむ。)

で、

今回はこんなものを出しました。ちょっとした雑談から生まれたブツを作ってみた次第です。


c0056498_0302088.jpg

ん?

c0056498_029097.jpg


あー

え?

と、いうわけで、アキハバラにとけ込む為の都市迷彩のデカールの作成。

痛車やら痛飛行機の次は痛戦車!?という雑談から。


え〜、戦車にアニメキャラクターが付くようなシチュエーションは?


・・・やっぱりアキハバラの町が関係する?


おー、戦車の側面がアキハバラの町になっていて・・・アキハバラ迷彩、そりゃ面白そう。って感じで話が進んで行きました。



まずは、遠くから見ると、秋葉原っぽく見えるパターンを作ろう。

で、
c0056498_1182284.jpg

ちくちく。

で、この迷彩をベースにアニメのキャラクター等等を貼っていけば・・・さらに、町にとけ込む!アキハバラ迷彩の完成だー!


以降、後付けの設定
「秋葉原防衛戦(なんてのがある、として)に配備された90式(まぁ、静岡から持って来た事に・・・)は特別仕様のアキハバラ迷彩を施され・・・現場でさらに迷彩効果を高める為にアニメのポスターなどなどが貼られていった。そして生まれたのが世にも奇妙な痛戦車。草原色の迷彩戦車に現地で草をくっつけるのと同じ感じ。」

痛戦車にそれなりの説得力が・・・でないかな。

(ホントは、版権とれなかったんで、キャラクターが使えず、ベースのパターンに留まらざるを得なかった、というのが一番の理由なのですが・・・キャラクターは各自用意してね、という仕様)

が、

迷彩のパターン自体もまだ練り込みが足りなく、アニメポスターとか貼る余裕もなく(アニメポスター付きは版権の関係のないコンテストに出す野望があったのですが。)今回は上の写真みたいな状態で展示。(販売なし)

この状態でも、見て下さったり、ご意見ご感想頂けて、なかなか勉強になりました。
ヨーロッパの都市迷彩で戦車の上をレンガの屋根の色に塗った〜とか。
ネタは面白いけど、もうひとつ、といった貴重かつ的確なご意見などなど。

あ、上からみると
c0056498_0325489.jpg

道路になってます。


次回、販売、するか?
・・・・


ホビコンではイベントが充実しているのが嬉しいのです。


今回は竹谷隆之、韮沢靖、雨宮慶太カントク、といった、それはもうS.M.H(という雑誌があったんです。)と共に高校時代を駆け抜けた伊藤谷にとっては、鼻血がでるメンツのサイン会。

竹谷さんのサイン会は商品が売り切れてしまってもらえませんでしたが、素晴らしい展示と竹谷さんの姿を見れただけで満足です。

雨宮カントクにサインを貰いました。目の前で筆ペンでゼイラムを書いて下さって、そりゃもう感激です。
高校の時、書道の時間に雨宮カントクの字を真似して書いて、通知表の「2」を貰ったのはよい思い出(?)です。反抗期だったのでしょう・・・

家宝だ、こりゃ。
c0056498_14553.jpg


ホビコンは、全体的にまったりとした雰囲気がただよったイベントで、ニコニコゆったり模型を楽しむ事を実感できる気がします。

まぁ、日頃から真面目かつ楽しんで取り組んでいる事が最低条件と思いますが。

まったりとしているけど、刺激的。なんか模型熱が上がる。


おまけ。

都市迷彩探してたら、出て来た。
うーむ。
[PR]
by itotani | 2008-04-08 01:36