<   2012年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
正義のヒーロー『カニリボルバー』
c0056498_0161451.jpg


平和を守る正義のヒーロー「カニリボルバー」!!

水陸両用!
強靭な外骨格装甲!!
殻に穴をあけてボルトで固定する事で様々なアタッチメントを装着可能!

日本の平和は「カニリボルバー」が守る!

・・・
作るモノに全く節操がありませんが、オリジナルでやりたかったクリーチャーに挑戦しようかと思います。
会社の休み時間の雑談で出て来た「カニリボルバー」という単語から妄想を膨らます。

スーパーで蟹を買ってみたり、UFOじゃないほうの韮沢さんの作品集とにらめっこしながら作製中。
その昔つくった「合甫(かっぽ)」依頼のチャレンジ。
今回は、「作りたいな〜と思っていたモノを作ってみよう」がテーマです。

----
蟹人間

妄想ディスカバリーチャンネル
『蟹人間の歴史』

■蟹人間とは
・人間(ホモ・サピエンス)と同様に進化を遂げた蟹。
・世界中で様々な蟹種の蟹人間が生活しています。
・人間との関わりは深く、世界中で様々な歴史を歩んできました。

■ヨーロッパと蟹人間
・古代ローマでは蟹人間は剣闘奴隷/傭兵として売買の対象になっていました。解放奴隷となった一部の蟹人間を除いて、劣悪な環境下で不遇な扱いを受けていました。また、甲冑の材料とするため虐殺された例もあります。

・中世になると、社会が奴隷に依存しなくなった事もあり、差別的な扱いは薄れ、国家の多民族化の中、市民権を得て生活する蟹人間も出てきました。頭部の模様が十字架に見える事から、司祭などの聖職についた例もいくつか見られます。騎士となる蟹人間もおり、十字軍では蟹人間の部隊も編成されました。

・近代においては第2次世界大戦時の種族弾圧を経験するも、世界的な半差別思想の広がりにより、現在は法律的にも蟹人権が認められ、身体能力の高さから警察や軍隊にその姿を多く見る事ができます。

■北米と蟹人間
・北米では開拓時代より種族浄化の思想のもと蟹人間の差別が行われてきました。南北戦争後の蟹人間奴隷解放宣言がされるも、法的差別、差別意識が払拭される事はありませんでした。

・第2次世界大戦後、公民権運動の高まりにより蟹人権が法的にも認められるようになります。公民権運動の指導者として活躍した蟹人間キング・クラブ牧師の「I hava a brain.(私には脳ミソがある。)」は後世まで語り継がれる事となります。

・蟹人権のターニングポイントとして、ベトナム戦争が挙げられる事があります。不安定な国内情勢のなか、蟹人間指導者マルコメXを中心とする改革運動を始め、反戦、反差別を掲げる学生運動が広く展開され、蟹人権についても多く叫ばれました。また、ベトナム湿地帯の劣悪環境での米蟹人間兵士の活躍と惨劇は多くの小説や映画の題材となっています。

■日本と蟹人間
・日本人と蟹人間の関係は西洋とは異なり、友好的なものが多いと言えます。

・日本において蟹人間は古くから信仰と畏怖の対象とされ、各地に蟹人間に関連する伝承が残っています。

・平安から中世の説話にも蟹人間が多く登場し、日本人と蟹人間との関係を読み取る事ができます。「伊勢物語」においては蟹人間との恋愛の描写があり、蟹人間との深い関わりが見て取れます。

・中世になると武士として活躍する姿が多く見られるようになり、戦国時代を経て江戸時代に至るまで多くの蟹人間の名将が現れました。

・明治維新以降、士族の解体により多くの失業蟹人間が生まれました。一方で諸官庁に勤めたり、軍人、教員となる蟹人間もいました。この時期に発生した自由民権運動の中には蟹人間による事件も少なくはありません。

・現在は自衛隊や警察、武道師範、学校教員、役者など様々な役職において蟹人間を見る事ができます。一方で蟹人間の暴力団員による事件も多いようです。

■付録「カニリボルバー」
今回の「カニリボルバー」は2000年に発生したバスジャック事件の時に報道されたSAT隊員の蟹人間がモデルとなっています。週刊誌の表紙を飾った回転式拳銃を構える蟹人間のSAT隊員が一般に「カニリボルバー」と呼ばれインターネットで有名になりました。尚、「カニ」に侮蔑の意味はありません。

----
ふぅ。
楽しい。

NHKやディスカバリーチャンネルの歴史を辿ってくようなのが好きなんで、それをイメージしながら妄想設定。
ウソ設定に歴史や実際の事件とかが絡むのが好き。
[PR]
by itotani | 2012-02-19 03:42 | タンホイザーゲート通信
頭上の余白は敵だ!
今回のWFには、練習がてらこの前購入したカメラ持って行きました。

まだまだよく分かっとらんのですが、奇麗に撮れると嬉しい。
写真の知識は鳥坂先輩のセリフくらいしかありません。

■企業ブースのヴァルケン
c0056498_0555963.jpg

3機買った後、ステージ2のブースター付きが発売して、畜生!ハーマン!畜生!!と叫ぼう!

大統領自決で戦争終了という展開、アームパンチを繰り出すと薬莢が1個飛び出るような細かい演出、「ミサイル接近!避けるより破壊して!」などのドキドキするセリフなどなど・・・中学生の時にプレイして、とにかく衝撃を受けたなぁ。「ガングリフォン」に並んで好きなロボットモノ。

■YASさんの黒電話のクロちゃん。
c0056498_0561615.jpg

ホイホイさんの作者の作品。とにかく出来がよい!購入させて頂きました〜。


■とにかく出来のよいアッカリーン。
c0056498_0562545.jpg

再現度がすごい。版権の申請は通ったんだろうか・・・この再現度なら、通ったに違いない。

以上です、編集長。
[PR]
by itotani | 2012-02-15 01:21 | その他
WF2012冬 終了!
WF2012冬

無事終了いたしましたー。
ブースに立ち寄って下さった方、誠にありがとうございました!

今回は出品も多くなかなか華やかなブースとなりました。
c0056498_235214.jpg


ブースに寄って下さった方も多く、なかなかに時間が経つのが早く感じる展開でした。

そして、キットご購入下さった方、ありがとうございました!
相方のアトラスシリーズが大人気のようで沢山の方に手に取ってもらえました。
完売、羨ましいぜ!

fgにもアップされてるのでよければ是非ー。

\アッカリーン/が前日に急いで塗装したため、やや残念\アッカリーン/だったのが心残り。
リベンジでWF終了後に塗り直しだ!


リペイント\アッカリーン/

c0056498_293515.jpg

エナメル塗料の濃度と筆先のコンディションに気をつけて再塗装。どうでしょ・・・

fgに塗装版もアップ。

顔、特に瞳の難しさに悶える今日この頃です。



一段落ついたと思ったら、もうトレフェスや次回WF夏の話が。
さて、アーマードコア5買ってみたけど、がっつりやるか、やるまいかどうしようか・・・
[PR]
by itotani | 2012-02-14 02:22
WF2012冬 はじまるよー!
\アッカリーン/

c0056498_2352972.jpg


クリアーで抜いたものを組み立ててみました。
いざ、バリとってみると、パーティングラインまわりに気泡が・・・

販売は通常の白キャスト、クリアー版は展示のみとなります。

fgにも何枚かアップしました。

----
ワンフェス2012冬
WF 4-24-18 タンホイザーゲート

新作 NON 赤座あかり(ゆるゆり)
再販 NON 巴マミ(魔法少女まどか☆マギカ)
再販 NON 対空!竹槍少女(オリジナル)

となります。相方もいくつか出品するようで、にぎやかな展示になりそうです。
----

さて・・・



間に合え!
[PR]
by itotani | 2012-02-08 00:07 | タンホイザーゲート通信
てんてこまいの今日明日
さて、WFまであと1週間。

新作 「ゆるゆり」より 赤座あかり 出品予定です。


複製開始!
した後、顔の作りが気になったので、顔だけ作り直し!

c0056498_23263279.jpg


顔だけ別途、ブルーミックス(ソフト)で型取り。

・・・で、週末に一気に複製。

c0056498_236144.jpg


なんとか数はそろいました。あとはバリ取り&袋詰め。
取説は今回は作製済み。(いつもドタバタするんで)

あと完成品作製(が、大変なのですが。)


そんで、こんな時に実験。

c0056498_2311566.jpg

透明レジンに挑戦。

模型系のサイトなどで見かけた「ホビーキャストNX」を使用。
「クリアーレジン」が気泡もなくてよい、とネットで調べると出て来くるのですが
硬化まで24時間、冬場だと2~3日というのは今からはちょっと難しい・・・

と、いう事で使い慣れたキャストに近いだろう「ホビーキャストNX」を使ってみました。

結果は

c0056498_23145171.jpg


あれ、おぉ!気泡もなく奇麗に抜けました。

c0056498_23154983.jpg
c0056498_23153453.jpg


こいつはすげぇ・・・
通常のキャストで出てしまう、キャストの流れが悪くて出てくる気泡以外、内部に気泡は皆無といった感じ。

よかったかな、という点。

・量産を行った後の大分調整された型だった。
・冬場で硬化が遅い。(型から抜けるようになるまで40分くらいでした。)
・心配なので、とにかく静かに撹拌した。
・NXがすごい

とはいえ、流したあと、2時間ほど経った今でも、PVCのような硬めの弾力が残ってます。
むむむ。

透明\アッカリーン/は展示用に1体持って行こうかな・・・といった感じ。
販売は通常キャストとなります。

(量産するにはまだちょっと練習したい。一発目のビギナーズラックの可能性があるんで・・・)

まだまだ作業は続きます・・・

おまけ
最大往生のロケテいってきた!
c0056498_23423670.jpg

2面道中で大往生。
楽しみですなぁ。
[PR]
by itotani | 2012-02-05 23:41 | タンホイザーゲート通信