中野Tournament日記
京都、帰ってきました。

んで〜、日記のおまけ。

昨日の夜は中野サンプラザのネットカフェでゲームやってました。

「UNREAL TOURNAMENT 2004」!(*1
東京に来てまで!


モードDEATH MATCH、相手は国籍不明の二人、20分一本勝負、フラッグリミット30。(*2
伊藤谷はプレイヤーネーム「3515」。(*3

相手はクランタグ(*4をつけたShortと、おそらく初心者Zero。

Shortとは力がほぼ同じで好勝負。残り時間あと3分で3515がフラッグ28、Shortがフラッグ20。時間切れで勝つのは、よろしくない。かといって初心者Zeroを狙うのもよくない・・・と思っていたところにShortと遭遇。

お互いシールド(*5を持っているので、一撃ではやられず、狭い通路での撃ち合い、避け合い。3515はショックライフル(*6の爆風を相手の移動先に置くように爆破させて1フラッグ。

時間もないので復活したShortを探して移動、Zeroではなく、Shortにまたも遭遇。狭い通路にフラックキャノン(*7の弾を反射させて攻撃してくる。3515、またまたショックライフルで先読みの爆破。爆破がヒット。フラッグ30で勝利。

すかさずgg。(*8
相手もgg。

好勝負だったので何か一言、と考えているとShortから
「congratulation champion」
のメッセージ。

おぉおー。
3515「thx」
Short「bye」
3515「bye」

いい勝負であった。中野の地下で、どこの国の誰とも知らぬプレイヤーと弾丸を通して通じ合えた。

心地よい疲労感と共に、おかわり自由のメロンソーダを飲むのであった。fin ;)




(*1 PC用の対戦FPS(一人称シューティング)。FPSの対戦といえばXBOXのHALOが有名か。対戦はインターネットを利用して世界中のプレイヤーと対戦可能。伊藤谷のフェイバリットゲーム。
(*2 DEATH MACHは二人以上で対戦、自分以外は全て敵というモード。相手を倒すと得点としてフラッグ1が与えられる。時間以内に、フラッグリミットのフラッグを取るか、タイムアップ時にフラッグの一番多い人が勝ち。
(*3 電撃ネットワークのMC。
(*4 クランタグ。クランとは所属するチームの事。ネット上で知り合った人同士でチームを作ってチーム戦やチーム内で練習を行なったりする。クランタグはチームに所属している事を示す印で、名前の後に=クラン名=をつける。クランに属している人は強い事が多い。Short=XYZ=なら、クランXYZに所属するShortさん、という事。
(*5 シールド。通路に落ちているアイテム。ダメージを軽減する。何発か攻撃を受けると無くなる。有ると無いとでは受けるダメージが大きく異なる。対戦ではシールドの取り合いも重要なかけ引き。
(*6 通常は丸い弾を撃つ武器。その撃った弾を狙ってもう一度弾を撃つと、弾が爆発。この爆発を先読みして相手の移動先で爆破するのはUNREAL TOURNAMENTの基本戦略の一つ。
(*7 フラックキャノン。ショットガン。沢山の金属片を高速で撃ちだす。
(*8 gg。Good Gameの略。試合後にggと言い合って讃え合う。
[PR]
by itotani | 2005-05-24 17:56 | その他
<< 再び、東京。 GO!GO!中野 >>